FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

世にも恐ろしい光景




DSC_4531b.jpg




昨朝木曜日は
うっとこらへんでは

ビニールゴミの日でございますた。




執事、
ゴミ出しの無い日より
ちょこっとだけ早起きして

ロッチ君を起こさないよに
そ~っと玄関をでて

エレベーターまで歩きます。

が、途中

世にも恐ろしいものを
みてまいますた。

生まれて初めて。




執事、
ド近視のうえに
起き抜けでぼ~っとしながら

両手にゴミ袋さげて
廊下をあるいとったとです。

先方の廊下に
やけに大量の枯れ葉が
まいちっておるではありませんか!

え~、冬でもないのに
なにこれ~って

隣接する木立を見あげながら
更に足を進めて行くと・・・




足下にあるものが
枯れ葉の集団でないことが
判明しました。

そこに散らばってたのは
おびただしい量の



羽根。



色からしてハトさんです。

もね、充分1羽分くらいある
大量のむしり取られてたハトの羽根・・・

幸いご本尊は
見受けられませんでしたが

朝っぱらから
すっごいショックな現場を
目撃してまいますた。

執事、まちがいなく
刑事やおまわりさんには
なれませぬ。
DSC_4553b.jpg




しばらく
そのショックから
抜け出せなかったのですが

ハトなんか飛んで逃げれる
生き物なのに

いったい誰に(ナニに?)
やられてまったのでしょか・・・




野良猫?
いたち?
カラス?
蛇?




あんだけの羽根がぬけるって事は
かなりの抵抗をしたんだとおもいますが

おそらくダメだったでしょう・・・



ここいらは
野良猫さんをほとんど見かけないのですが

ロッチ君だって目一杯
本気になればかなりの力持ち。

今朝の体験で執事
いままで「ロッチ君が外に逃げなきゃいいや!」ってゆ~
考えだけで

窓の逃亡防止柵jを施していましたが
DSC_4503b.jpg




これはもしかしたら
外から侵入されんよ~にも
強化せんとヤバいのかもしれない。

これからますます
網戸にするのに・・・って~んで
DSC_4610b.jpg
おっかないのんが
こんよ〜にちてくだちゃい!





先日習得した2×4のスキルを用いて
窓用の金網を強化する事にいたしますた。

前までは
ツンツク棒でつっぱっといて
軽く金網を噛ませて
とめていたのですが

これ、
本気出せば外れちゃうかも
しれません。
DSC_4519b.jpg




がっちり固定して
(でもいざとなったら外せます)
外からも内からも

多少の力がかかっても外れないよ~に
つくりかえますた!
DSC_4600b.jpg




よかった~
2×4学習しといて!
DSC_4603b.jpg




しかし未だ
あの散乱した大量の羽根が
網膜に焼き付いて消えません。


うっ



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
にほんブログ村


ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

ポテりん さまへ

こちら曇っているのですが
室温27.4度になってきますた。

ロッチも執事も
天然風で耐えております。

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。


どうごもいっかい
廊下のくだりをゆっくりと

声を出して朗読くださいませませ。


おちている物体が
ハトさんの羽根とわかった瞬間に

ゴミ捨てやめて
きびすをかえそかとおもいますた。

僅かに右側に
ふまずに通れるスペースがあったので

上をむいて通過いたしますた。


でもいったい犯人は
なんだったんでしょか・・・

おっかなくって夜
廊下側の窓を開ける気に
なれません。

27度越えてる今夜は
ど〜いたしましょか・・・うっ

Anne ママ さまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございます。

もね、
考えただけで
あの光景がはっきりクッキリ

うかんできてまいます・・・

不幸中の幸いだったのが
ご本尊やら赤い液体やらが
なかった事であります。


もしそんなんまで見てたら

両手にビニールゴミ握ったまま
その場で失神していたかも・・・

うっ

ひゃーっ!!!
なるべく想像しないようにそこの部分は猛スピードで読みました~っ!
読んだだけでも、ひゃっひょーなのだから、執事さん、眼に焼き付いちゃっって離れないですよね。じゃばじゃばお目目洗ったり、大量に目薬ささねば!
早速、網戸、窓枠の強化、いつもながら、執事さん素晴らしい!2かける4、私、ちんぷんかんぷんですが、しっかりお勉強されて、すごいです。
うち、一昨年あたり、伝書鳩がベランダによくきたのですが、そんときのりんの興奮ったらすごかったです。ただ、興奮しただけで襲い掛かったりはしませんでしたが、ロッチくんまだ若いしね。そして、伝書鳩なら人に慣れてるから入ってくるかもと考えると、執事さん早めの対策、お見事にゃっ!やばいっ、うちも考えねばっ。

ヒィー。
朝からすごい光景を見てしまいましたね。
話聞いただけで、想像で頭がいっぱいになってしまいます。
弱肉強食、人間のように恨み辛み、自分の欲求を満たすためだけに殺戮をするわけではないので、きっと強い方の糧になったのだと思います。
自然なことといえど、そこでする〜?って感じですよね。逃げ場がなくて、そこまで来てしまったとしたら可哀想な話ですが、ああ、仕方がない。
まさかの、脱毛エステではないでしょうに。
鳩くらいの大きさをやっつける何かが近くにいるなら、自宅警備を強化するに限りますね。
備えあれば憂いなし、執事さんグッジョブでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。