FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

お掃除催促?




DSC_8819b.jpg




ロッチ君のおトイレ

うっとこではケージ内1Fと
ロッチ部屋入り口横に計二個

2週間取り替え不要とうたう
システムトイレを
設置してあります。
IMG_0122.jpg
(1年前の3/25のちびっ子ロッチ君)




不思議な事に
ケージ内のには
大も小もするのですが

部屋入り口のには
小しかしません。

大の時は狭いのに
わざわざ
ケージに入ってやってます。
IMG_0121.jpg
(もひとつ 1年前の3/25のロッチ君)




昨朝は執事おでかけせな
あかんやったです。




朝一ロッチ部屋から激しい
砂を描く音がきこえてきたので

「えらいね~ロッチ!
ちゃんとおでかけ前に
うんpできて~!」って

水とカリカリもって
部屋に入ったのですが・・・

ナニのカホリがいたしません。
NAG_2398b.jpg




ん?!

一応ケージ内トイレには
塚山がこんもりできてます。


ケージからロッチ君を
抱っこ出しをして

手足オチリを拭きまくってから
トイレ掃除はじめたんですが

掘れども掘れども出てこんでは
ありませぬか!ナニが。




砂を描く音とかは間違いなく
「オラくっちゃいのやりましたけど~!」
の音だったんですけどねえ・・・
NAG_2370b.jpg




外出中、運転してて
ふと思ったのは

もしかしたらロッチ君てば

「このおトイレくっちゃくて
うんpする気がちまちぇん!

おそじちてくだちゃい!!」

合図ホリホリだったのかなぁって。




使用頻度から
うっとこでは

ケージ内のは毎週日曜日に

部屋の入り口のは
二週毎の日曜日に
大掃除しとります。

あっ、
チッチ塚やうんp後は
毎回小掃除はしてますです。

バクテリアでできた
消臭剤も噴霧しとります。




それでも
下に溜まった崩れたペレットの
チッチのカホリが
ロッチ君、気になったのでしょか?
IMG_9061bb.jpg
忍法・二枚舌にゃ!




これからは週一じゃなくって
5日で大掃除してあげる事に
いたしましょか・・・



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
にほんブログ村


ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

ポテりんさまへ

りんちゃんも綿棒、
だいしきなんですねっ!

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

うんpは執事が就寝中と
外出中以外は
したらすぐ片付けるのですが、

システムトイレはペレットを
掘りすぎると
スノコが顔だしてきちゃって

崩れたペレットの臭気が
匂ってしまうのでしょうね、
今朝からちゃんと朝一に

塚をちゃんとつくってくれるよ〜に
もどりますた!

おトイレの大掃除をするときは
ロッチにわざと見せるために
ロッチ部屋を閉じて行います。

誰がくっちゃいのを
綺麗綺麗にしてくれてるのかを
刷り込む為に。

いつか猫の恩返し、あるよ〜に。

ウヒっ

これぞ、うんPのホリホリ、盛大な砂掛けにでっかい塚があって、肝心のナニが見つからなかったとは、さぞお出掛け前に慌てたことでしょう。出掛けてからも、ハテと考えてしまいますよね!執事さん、きれい好きだから、他の人より常に清潔にしてらっしゃることと思いますが、それを上回っての清潔大好きロッチくんの抗議だったにょか。うちはシステムトイレではないのですが、とにかく1分1秒でも早く、ナニを取って欲しいらしく、取ってるときは脇でガン見し、取った後もきちんと取れたか姑のごとくチェックしてること多々ありますです。猫ちゃんの譲れないところなのでしょうか。二枚舌のロッチくん、可愛いですね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。