FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

お年玉を封印しました




DSC_5850up.jpg




実は先日(元旦の午後)、

お年玉のひとつとして
ひそかに年末にゲットしておいた
国産マタタビの干した実を

ロッチ君に出してあげる事にいたしますた。
DSC_5699b.jpg
鼻クチョ よ〜くほじっとかなくっちゃ!




なんか見た目は
100年もののカラカラうめぼしみたいです。

ロッチ君てば
マタタビといえば乾燥小枝ですら
すっごい酔っぱらいに大変身!

途中お腹モフモフやり放題なんですが
完全に覚醒するまで
だっこは厳禁って〜ことを

先月のリスト流血事件で(実は2回も)
学んだ執事でござります。

以後我が家では
マタタビしまってから
だいたい30分は
放置プレ〜することにいたしますた。
DSC_5282B.jpg
なんでオラほっとかれてるにょ?




小枝であんだけ酔っぱらうなら
実だともっとよろこぶかと思い、

数個入ってるビニール袋を
ジャムの空き瓶からとりだして

端っこのほ~をハサミでちょっきんして
実を一個だしてこよ~としたのですが・・・




袋をちょっきんした瞬間
ロッチ君がいままでに見た事ないくらい

ゴロゴロ~!
うねうね~!
デングリデングリ~!
ゴロンゴロン~!
デロデロ~!って

やりはじめちゃいますた。

まだ実も、袋の切り口すら
クンクンしてないのに・・・

しかも
まだ1mくらいはなれたとこにいるのに・・・
DSC_5203B.jpg
う〜んっ きく〜っ!




執事、あまりの効き目に
おっかなくなってまって

こんなん鼻先で嗅がせたら
ど〜なっちゃうか
わかったもんじゃないぜや!って

思わずビニール袋を空き瓶にもどして
ふたをしてしまいました。

それでもしばらくは
ロッチ君、ゴロンゴロンやっとりますた。




注意書きには
食べさせてもいいよな事が
明記されておりますが

こんなん食べさせたら
ロッチ君、まちがいなく
昇天してまうでいかんわっ。

恐るべし、実っ!




せっかくのお年玉ではありますが
我が家では封印でつ。

うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
にほんブログ村


ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

Anneママさまへ

筋肉痛なのにわざわざコメントくださいまして
ありがとうございます。えっ?
未だ出ていないって?!

離れたところにいたのに
袋を切っただけで
ゴロゴロし出したのには
大変おどろかされました。

結局しまっちゃったから
その先はわからずじまいでしたが

きっと良い事は起きていなかったかと
おもわれまする。

粉は実をつぶしたものなのでしょ〜ね。

Anneママさまんちは
たしかドーナツ状のおやつを
あげていたのでしたっけ?
今は封印なさっておいでですが。

人間だって疲れ切ったときに
実をたべたりしたら
また旅ができるよ〜になるらしいですから

かなりキツイのでしょ〜ね。

どこかに
リボDみたく
「マタDドリンク」、うってたりして・・・

ほー!
マタタビの実、なんてものがあるのですね。
小枝や粉末しか知りませんでした。
そうか、そんなに効くのかー。
それはヤバイですね。我が家もそれは絶対ダメだろうなぁ。
ロッチくんと同じ、開封しただけの状態でちぃーっと誰かさんしてしまうでしょうねぇ。
ロッチくんも、せっかくお粗相がなくなって久しいのに、また興奮して思い出しても大変ですね。
なんでも、ほどほどに、が良いのですけどね。
お子ちゃま達にはまだまだ刺激が強すぎるってことでしょうかね。
プププ。
でも、お年を召したニャンコさんにも、そこまでの刺激は悪そう。
いったい幾つのニャンコさんなら、あげても良いのだー?!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。