FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

「ちょ〜だい!」って 言ったよね?!




DSC_0564B.jpg




執事、ひとに指摘されて
はじめて気がつきますた。

言われるまでは

一年振りくらいに
ソファーに一緒に
座ってくれた喜びに

酔いしれてるだけの
動画でありますた。




部屋の電気を消して
PCの音量を
すこしだけ大きめにし、

目をつぶってじっくり
もっかい最初から
聞いてみますた。

見るんじゃ~なくって
聞いてみたんでつ。

(目、つぶるんやったら
部屋の明かり消す必要
無いや~んっ!)

一回目。
ん?

二回目。
ほうほう!

三回。
を~っ!!




おおっ。
た、た、確かにっ!!!




聞けば聞くほど
最後のとこで(17秒あたり)
ロッチ君、

「ちょ~だいっ!」って
言ってます!

言ってますって!!

も~まちがいなく
言ってますって!!!






っん?
もしかして執事って

絵に描いたような
親バカちゃんりん しとる?!

ウッ




P.S.
ちょっとまえ、
お野菜食べ過ぎて
ロッチ君

くっちゃいくっちゃい
すかしっぺ

やってまったのですが

その時も
「へ〜 こい たっ!」って
自白したんです。

いやっ、マジでマジで!


もうそれ聞いたとき

息が出来ないくらい
執事、笑いこけますた。




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント

ポテりん さまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

おお!
ポテりん様にも聞こえますか!

私、ひとに言われるまで
まったく気がつかなかったんです。

むしろ
その前にやった
エアーお手のほうに気をとられちゃってて。


いつか
「きょは、魚味がいいにゃ!」とか
いいだしたりして・・・うっ

Anne ママ さまへ

いつもコメントありがとうございます。

言ってますかっ?!
聞こえますかっ?!

執事といっしょに
耳鼻科に行きましょう・・・


オヤツ用のカリカリが
食べたい時に

わざとしらんぷいっして
しばらく相手しないと

いろんなギャグを披露してくれる
事があります。

過去、それをやったら
グルニーズがもらえた!とか

お肉満載のカリカリがもらえたとかを

しっかりおぼえているらしく

時々
おお!このギャグはなつかしいなあ。
ちちゃい頃よくやってくれたよなあ!ってのを
見る事ができまする。

ついつい
おやつあげてまいます。うっ

ごんだいママ 様へ

コメントくださいまして
ありがとうございます。

おお!
ごんだいママ様にも
聞こえますか?!

だば
けっして執事の
ちゃんりん症候群によるものでは
ないって〜ことですよね!

よかった〜
おアホウ同盟会長にならなくって。

おやつカリカリ欲しいのに
しばらく無視してると

いろんな一発芸で
おねだりしてきます!

「肩乗っかり左足だら〜ん」とか
結構持ちネタ増やしてきてますです。

多分
お留守番してる時に
退屈だらから

色々ネタ帳に書き留めているのかと・・・

あはは、大爆笑!言ってる言ってるー、そう聞こえましたよ!

ロッチくん、おしゃべりだから、これからもっとしゃべるのではっ。
「へ〜 こい たっ!」の自白、白菜あるうちなら、また言うかもー。執事さん、動画スタンバってないと!

きゃー!いってるー!

「へー、こい たっ!」も聞きたかったなぁ。
笑い死に、するだろうなぁ。

うちは「おっかーん」止まりだなぁ。
もうすぐ、ペラッペラに喋り出すんちゃう?ロッチくん。うふふ。
楽しみだなぁ。

たしかに聞きました~
ロッチ君 なんと可愛いちょーだいでしょう!

我が家のワンズではありえません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。