FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

空前絶後の大竜巻




NAG_9066b.jpg




昨夕帰宅して、

ロッチ部屋から
切なげな鳴き声がするのを尻目に
執事、
先ずはやるべき事を済ませてから

いつものよ~に
お水と夕飯カリカリ君を携えて
部屋にはいりました。




うっ・・・
なんじゃこりゃ〜?!
IMG_2574b.jpg




一本キャットタワーが
なぎ倒されとる〜!

ど~やら留守中 我が家では竜巻が
吹き荒れたみたいでつ。




大型竜巻「ロッチ28号」は
斜めのタワーでも楽しげに
爪といで遊んでおりますが

あまりの体重の重さに
タワーがギッシギッシゆ〜ております。




窓側にぶつかってるとこは
天井に支える為の結構重い円盤。

ガラス窓の内側に逃走防止用の
しっかりした金属ネットが
設置してあったので

ガラス破損の被害は
偶然にも回避できましたが

ネット設置してなかったら
たぶん窓ガラスは粉々で

へたすりゃ
そこからロッチが逃走とか・・・

想像しただけで
震えが走りましたです。




しかし、
まさか留守中に倒れるとは・・・
いや、正確には
倒されちゃうとは・・・

取り敢えず
またシッカリ復元はいたしましたが

なんか追加で転倒防止策を施さないと
ヤバヤバだと思っておりまする。




体中点検したけど
どこも痛そうにしないので
ロッチ君は無事だったみたいで
不幸中の幸いでござりますた。

多分、
時々起こる狂乱発作で
トリャ~ってそこいらじゅう蹴りまくって
倒してまったとおもわれます。

にしても
1本タワー、たよんないなあ・・・。

もちっとどっしりしたのに
変えたほ~がいいのかなあ。




本当は2×4木材とかで
壁側にキャットヲークでも
こさえてあげたいとこなんですが

ヘタレ執事、不器用だし・・・




P.S.
我が家では
いたずらや禁止事項を
ロッチ君がしでかした時、

3秒以内ならその場できつく
しかりつけます。
(まあ、大抵大声でゴラ~!)

怒鳴られたロッチ君は
カッカッカッとか何か文句言いながら
自室に飛んで逃げていきます。



でも
それ以上時間が経ってしまった案件には
しかりません。

多分、ナニをしかられたのかが
わかんないだろ~から。

しかりはしませんが
あとでしずしずと
説教はたれます。
IMG_2577b.jpg
誰ですか、こんなにしちゃったのは!
も〜タワーは要らないってことでしょうかロッチさん?!





神妙な姿でうなだれてると思いきや
実はこんな顔してました
IMG_2585b.jpg
またおこごとか!早くおわんにゃいかなっ




1年前
最後の粗相をした時も
事後発見だったので

夜、寝る時に
ケージの中に居るロッチ君に
お漏らししちゃった座布団を見せながら
静々と説教たれて

そっとゴミ袋に入れて
口をしばる姿を見せから
部屋を出てきました。


ゆっくり話せば
いつかは気持ちが通じる!(っなわけない)
そ~思って執事、

いたずら坊主に日々
つきあっておりまする。

今日もお出かけせなあかんので、
ナニがドウなっちゃってる事やら・・・

今日は
空前絶後の大型台風でしょか・・・うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト



コメント

shah-san さまへ

コメントくださいましてありがとうございます。

ロッチ部屋に入って
ほんと、ビックリいたしました。

ガラス窓を直撃したのに
ロッチ逃走防止金網で
難をのがれられますた。

本来の使用目的外ではありますが
設置してはじめてよかった〜って。

一本足のって
やっぱり傾きますか!

部屋のコーナーに置けて
場所をとらない!ってコピーに惹かれて
こ〜てまったのですが

リビングにおいてある時は
カーテンレールカバーに登る為の
梯子的存在だったので
倒れなかったので

危険予知ができていませんでした・・・

誠にもって執事失格でござりまする。うっ

こんばんは

いや~、びっくり。
とにかくロッチ君が無事で、脱走もなしでよかったです。
金網がガラス窓防御にも役立つとは。
うれしい誤算というか なんというか。

一本柱のキャットタワー、うちにもあるんですが、
何回真っ直ぐにしても、いつの間にか斜めにされてます。
倒されたことはないんですが、
気を付けないといけませんね。
ちなみに、どっしり型のキャットタワーもあって、
こっちは安定感抜群です。
床を広く取られるのですが、こっちの方が安心ですね。

ぽてリンさまへ

いつもコメントいただきまして
ありがとうございますです。

温泉いかがでしたか?!
お近くにあるなんて
なんてうらまやしい!

言い聞かせ、8年かかりますかっ?!
きの短い執事には耐えられない
年月でござりまする。

倒れた時の音を聞いていないので、
確かではありませぬが

かなりの音がしたかと
思われます。

音にビビリなロッチは
多分かなりおっかなかったのでは
なかろ〜かと思います。

当日我が家のすぐ裏手で
削岩工事をしていて
執事ですら閉口するうるささでした。

その中でのお留守番に
耐えきれずに
竜巻が発生したのかもしれませんが、

タワーのストッパーの増し締めを
怠ったのは、完全に
執事の失態でありました。

ロッチには済まないことを
してしまいますた。

きょは
台風、きてませんでした。ほっ

Anneママさまへ

いつもご丁寧なコメントをありがとうございます。

今回ばかりは、おっしゃる通り
執事の慢心による大失態でございますです、ハイ。

毎日タワーは揺さぶって
ズレないかまではやっていたのですが、

増し締めまではやっておらず
本当にロッチには怖い思いを
させてしまいました。

ビビリなロッチの事だから
倒れた瞬間は多分ケージ4階の
寝床に引きこもったのでは
なかろかと想像しますです。

あの二本足の有名なタワーですら
緩みが出て倒れてしまうんですかっ!

あんなしっかりしてても
あかんのですか〜!


ロッチにまた一つ
猫飼い教訓を頂戴しました!

これから週に最低でも二回以上
増し締め対応させていただく所存で
ござりますっ!

わわわわーっ!すごいことになってましたねーっ!
ほんとうに、ロッチくんが無事で良かった。
そして、窓ガラス、割れてなくて良かった。割れて怪我したかもしれないし、逃走なんてもう字を入力しただけで震えてしまいますよーっ!
執事さん、金属ネット、よく、そこまで安全対策なさってましたね!倒れたことはもう起きたことだけど、金属網、素晴らしい活躍でした!
あぁ、でも、ロッチくん、何ともなくて良かった。また、怖がることなく、執事さんの前で普通にいてくれてよかったです。ほんと、良かった。

ゆっくり話せばわかるっ、わかります!いつか伝わるような気がするんですよねーっ。でももううち8年たってたりして。
え、今日も留守にゃの?大型台風は勘弁してくださいねーっ!

おお!
空前絶後のサンシャインが来たに違いない!ロッチくんは悪くない!
サンシャインめ、大声で倒して行きよったなぁ!

いやいや、ロッチくんが無事で本当にホッとしました。
下敷きになったり、ガラスの破片などで怪我したりせず、ガラスも割れずに不幸中の幸い。
神様、ありがとう!ロッチくんを守ってくれて。

これね、ロッチくんは悪くないと思います。
安全確認は、毎日必須だと私も経験して知りました。
と、いうのも我が家もこのように突っ張り2本で、猫らが登れる棚を作っているのですが、後ろと左右は壁があるので倒れるとしたら、前にしか倒れないものがあります。
飛び乗っても、後ろに力が行きそうでしょう?
丈夫だし、安心しきって点検なんてすること一度もなかったのです。
それが、私が棚の前にいるときに私に向かって倒れてきたのです。
棚にちょっとぶつかっただけで。もう冷やっとしました。結構な重さだし、近くには猫らもいたし。
ツッパリの部分って、ネジを回して思いっきりいっぱいいっぱいに突っ張って置くタイプでしょ?
それって、普通に使用しているだけで緩んでくるみたいです。
私はあれ以来、毎日グラグラきていないか点検しています。そして緩んでる様子はなくても、しっかりとネジを締め直しています。
自然に起こったこと。人間の点検が必要であったこと。
ロッチくんに罪は、一切ないと思います。
良かれと思って、付けた棚が私の点検不足で、この子たちを危険な目に遭わせるところだったと今でも思い出しただけで心臓バクバクします。
執事さんのおうちも、本当にいろんなラッキーが重なって無事で良かったです。
執事さんがいらっしゃるとき、執事さん目掛けて倒れてきた!なんてこともあり得たかもしれないし。みんなが無事で、良かったとしか言いようがないですね。

猫グッズに限らず、自分たちで後付けしたようなものは、過信せずに日々点検する大事さを感じました。
執事さんも、改めてお家の中を見回してみてね。ご自身が怪我をしないためにも。
ロッチくんの大事な大事な執事さん、愛する人ですもの、何かあったら大変です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。