FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

うっとこって 変?




DSC_4699b.jpg




夜になって気温がグット
さがってきちゃったので

昨夜ついにロッチ部屋で
オイルヒーターおんにいたしますた。

ACと迷ったのですが
夜中に喉や鼻が乾燥したら
かわいそ〜なので
デロンギ選択でありまする。

人間部屋は
まだ暖房無しで耐えまする!

しかし、このまま
どんどん寒くなってくのでしょか・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



それぞれのご家庭で
色々諸条件がことなりますから、

ニャンコさんの飼い方も
10人10色だとはわかっております。




わかってはおりますが〜
もしかしたら
うっとこって・・・変?!

やっちゃいかんこと
やっちゃってる?

みたく思っちゃうことも

ニャンコはじめての
我が家には多々ありまする。




まず、
寝る部屋は人とは別。

夜はケージに軟禁でねてもらいます。

翌朝ちゃんとうんpがしてあれば
その日の昼間と夕方の仮眠は
ケージオープンのロッチ部屋軟禁で
すごしてもらいます。

(うんP踏んづけた足で
そこら中汚した事が
数回あったので仕方なく)



朝は大体7時半から9時の間に
ロッチ部屋から
「おっき~のでまちたけど~!
くちゃいんでちゅけど~!」って
朝の第一声が聴こえてきます。

手足&おチリ拭いてあげて、
トイレ掃除して、
朝カリカリあげて、

リビングにだっこして連れてって
しばし歓談。





大体1時間半から2時間でねむくなるので、
ロッチ部屋に誘導して
お昼御飯前のお昼寝タイムです。
DSC_2632B.jpg





13時前後に
「なんか、オラお腹すきましたけど~!」って
午後の第一声がきこえてまいりますので、

お昼のカリカリあげたら
またリビングにて
綱引きやジャラシ遊ぶびまくります。
DSC_4564b.jpg




これも2時間くらいで
ネムネムになっちゃうらしく、
15時くらいにまたもや
ロッチ部屋で夕寝。
IMG_5737b.jpg





19時前後に
「おきましたけど~!
晩ご飯いつでも食べれまちゅけど〜!」って
鳴き出すので

夜カリカリあげてリビングにて
やや激しめの
かくれんぼ鬼ごっこ大会!

20時半から21時にねむくなるので
グリニーズでだましながら
モフモフ吸い吸いさせてもらい、
DSC_5672b.jpg




歯磨きしてケージベッドへ軟禁。
そっこう
意識モウロウで白目。




ざっとこげな一日なんです。

起きてるっちゅ~か
一緒に活動してる時間って

朝1.5+昼1.5+夜2=5h

日に5~6時間あるかないかなんです。

あとは
別部屋でお眠り軟禁。
まぁ、部屋で
寝てばかりではないのでしょ~が。

ふつう猫って日に18時間とかって
ねるんじゃろ~か?!




ネコ飼いとして
日に5.6時間しか
一緒に居ないって、

変なんじゃろ~か?!
IMG_0768(3).jpg




ど〜せ寝てるだけなのなら
執事は自由に
ドア開けたり包丁や火を使ったり
したいと思い

眠くなったら
ロッチ部屋軟禁で過ごしてもらう
生活パターンが完全に定着
してまったとです。





変かもしれんが
アリかなあ・・・
わ、わからん。

うっ



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

しるびあ 様へ

わざわざコメント戴きましてありがとうございます。

執事、本当のところは
一日5、6時間みっちり対面でお相手するんだけど
あとの18時間はまったく会わないで
ロッチ部屋で寝てる!ってのが

変なのかなあ・・・って意味で記事書いたのですが

なぜか「ケージ」が云々カンヌンの話しになってまって
真意からえらくはずれてしまいますた。


そ〜ですよねえ、
10にゃん10色ですよね!

しかし、9人もいらっしゃるとなると
そりゃたいへんですよね。

一人っ子のロッチと
そりゃ〜育て方もかわってきますよね!

ロッチも兄妹ほしいのかなあ・・・なんて
時々思ったりするのですが

今の2倍のお世話はちと
ムリかも〜ってあきらめますたです。

出遅れで今頃のコメントでごめんなさい💦
実は昨日の夜パソコン使いかけて他の事してる間にすっかり忘れてしまって。
年は取りたくないですねぇ^^;

にゃんことの生活って飼ってる人全てみんな一緒って訳ではなく、そしてどれが正解って言うのもないって思うんですよね。
生活パターンや環境がそれぞれ違うんだからその家その家にあった方法があるって思います。
執事さん、ロッチくんをケージに入れる時間があるって言ってもお部屋そのものがロッチくんのお部屋で高さもある広々ケージでしょ。
ロッチくんが落ち着けるのならそれが一番♪♪
実は知り合いのとこにもにゃんこがいるんだけど100均で買った網って言うかフェンスって言うかって物を結束バンドで固定してそれをケージにしてその中がにゃんこスペースなんです。
中型犬のケージくらいのサイズで高さもなく、トイレと猫ベッドでいっぱいになってるんです。
そこから出すのはトイレ掃除の時のみだそうです。
流石にそうなるとにゃんこなのに動けなくて不自由だなって思ってしまいますが💦
でもそれもやっぱりその人の飼い方なので他人の私が言えることじゃありませんが。
そんな我が家、9にゃんの大所帯なので放牧です。
好き勝手に1階と2階行ってます。
ご飯も大体の量です。
執事さんの様にきっちりしてなくて思い切りアバウトです。
もし執事さんがうちに来たら・・・どびっくりするんだろうなって感じですよ。
でもこんな飼い方もありまーすって事で(^^)v
結局はパパさんまママさんとにゃんこちゃんが幸せで元気ならそれが一番なんじゃないでしょうか💛

拍手な職人 さまへ

n様、いつもおせわになっておりまする。

心温まるコメントをいただきまして
本当にありがとうございました。

かなり凹んではいたのですが
とっても勇気づけていただけました。

心より感謝もうしあげまする。

shah-san さまへ

コメント頂戴いたしましてありがとうございます。

いつもshah-san様の大人なアドバイスは
結論が明確にかかれていて
頭が下がるおもいで拝読させていただいております。

執事、ロッチに今の生活について
「まあまあかなっ!」って言ってもらえれば

そこそこ満足でありまする。

「う〜ん・・・」って言われたら
ちょこっとショックですが、

今日までの一年、
紆余曲折しながら変化して来た
生活形態なので

信じてやってけばいいって〜ことですよね。
少し肩の力がぬけますた。

ありがとうございます。

こんばんは

ちょっと見るのが遅れましたが。
ネコさんとの生活に、これっていう型があるわけではないでしょうし。
お互いが幸せならOKなんじゃないですか。
危険なこと、やっちゃいけないことは
先人の知恵を参考にするべきでしょうけど。
そもそも、執事さんと同じ生活をしてる人はいないわけですから、
一緒に暮らすロッチ君の生活だって、唯一になるはずですよ。

よそ様がどうだとか、本やネットでどうだとか。
それはそのおうちでのお話。
ま~でも、隣の芝生は青く見えるんですよね。
同じように、他の方がロッチ君と執事さんの生活をうらやましがってるはずですよ。
もふもふ吸い放題なんて、垂涎の的じゃないですか?

にゃ 様へ

わざわざコメント書いていただきまして
ありがとうござります。

ちっさい時からずっと
夜寝る時はケージインで
すごっせてきたので

一番安心して
くつろげる場所になってしまったんでしょ〜ねえ。

本当はそれが
執事の腕の中であって
欲しいんですけど・・・うっ。


そっか!
自慢しちゃえばいいんだ!
あにがと〜「にゃ様」!

なんか少し勇気でてきますた。

ポテりん 様へ

いつもご親切なコメントをありがとうございますです。

りんちゃん、少し大きくなってからお迎えになられたのですね〜。

「軟禁」って言葉を使ったのが
イメージ良くなかったですかねえ・・・

お迎えする前に
かなり専門書を読みあさった時期がございまして、

必ず安心できる場所を作ってあげる事!って
かいてありますた。

(泣き泣き)執事のプライベート部屋を
ロッチに献上して訳でございますが、

ピンポーーーンって宅配が来た時や
ぷるるるるっって電話が鳴っただけで

ダダダダ〜ってロッチ部屋に
逃げ込んで行くビビリさんであります。

もっとおっかない時は
ケージの中に入っちゃいます。

もっともっとおっかない時は
ケージ四階の寝床の奥の方で

おめめ真っ黒真ん丸にして
伏せしてます。

彼にとって今や
ケージこそが
最後のシェルター最愛の隠れ家!なんでしょ〜ねえ・・・

本当は
執事の腕の中であってもらいたかったのですが
夢は叶わぬものでごじゃりまする。うっ



おっしゃる通り
まだまだ駆け出し1年生の
途中段階ですので

ロッチとの共存の仕方も
どんどん変化していくんだろ〜なあ・・・って
思っておりまする。

ロッチが執事のストレスに成らぬよう
また
執事がロッチのストレスにならぬよう

上手に駆け引きしながら
ポテりん様宅みたく
暮らして行ければなあ・・・って

心から願ってやまない日々でござります。


P.S.
うんPお手手、しょっちゅう起きるとですか!?
う〜ん、ニャンコ用の水洗トイレって
どこぞでお見かけになられたら

一報くださいませ。飛びつきますです。うっ

全然いいと思います✨

この話を読んで
ロッチくん 王子様やん💕
個室ありの何でもしてくれる下僕つきで
夜は囲まれたベッドがあって
安心毎日じゃーん😉て思いました

毛並みもお顔も綺麗な猫ちゃんなので
大事にされてるって
Twitterみたらわかります💗

軟禁なんて思わずに
ウチは賢い猫やから
特別室で過ごすんやわ
って自慢してください(笑)

猫って本当に規則正しい生活なので
人間の方が、だらけられないし
病気にもなれないし
すっごく健康的な生活になりますよね!

うちのメイちゃんも、我が家一の健康的なライフスタイルて、早寝早起き腹八分目ですwww



chee 様へ

コメントいただきましてありがとうございます。

ヘタレ執事からしたら夢の様なニャンコライフ!
ちょ〜うらまやしいでつ。

ロッチがまねしたら
間違いなく我が家はお布団ビンボで
破産いたしまする・・・うっ。


あらま、アルちゃんも
お手手でムニュ、やっちゃうですか?!

そ、そ、そ、そ〜なんですよね!
一生懸命砂掛けたくって
うんPの上にふんばっちゃったり
かきすぎて
いったん隠れたうんPがまた顔出しちゃったり。


執事、ニャンコさんと一緒に暮らす事で
安らぎ?潤い?癒し?を得たかったのに

それがストレスに成ってしまったら
なんの意義もなくなってしまうと思い、

1年かけて色々ロッチの顔色見ながら
手を替え品を替え

お互いがハッピな共存生活できる路を
コツコツ開拓してまいりますた。

多分間違いなく
これから先もどんどん変化して行くのだと
思いますが、

今はブログに書いたふ〜な
共存の仕方で

なんとな〜くおちついてはおります。

でも、

変なのかなあ・・・なんて
時々思っちゃったりもいたしますです。


ああ、早くロッチが
粗相ゼロの確約、してくれないもんでしょうか・・・

アルちゃんみたく安心して(執事が)
そばで寝てもらいたいっす〜。

p.s.
私も偶然目の前でロッチがうんpしてる時は

終わって一旦トイレから出た瞬間に
砂、かけちゃったりします!

すると籠った声で「も〜っ!!!」って
抗議されたりします。にゃはっ

鍵コメ様へ

執事、コメント拝見して
涙ぐんでしまいますた。

午前中、ずっとモヤモヤした気持ちに
なっちゃってたから・・・

鍵コメ様は
完全に解ってくださっている。
もうそれ以上何も言う事がありませぬ。


この感涙、お察しください。

孝ちゃんのパパ 様へ

コメント記入ありとうございます。

貴重な実生活ぶりをお聞きできて
たいへんありがたく存じ上げます。

※「ケージ」を夜とか留守の時だけ
上手に利用していらっしゃる方、
結構いらっしゃいますし
動画サイトでもいっぱい見てきましたよん。



実は我が家でも最初から
「ケージ」に入れる育て方は
かんがえておりませんでした。

お迎えして3ヶ月ほど、
あちこちの布製品に粗相を繰り返していたため

ブリーダー様に相談した所
「ケージ」を利用した育て方を勧められ、
粗相がそれで治るならば!と
始めたのがきっかけでした。

専門書もかなり読みあさりましたが
どこでも書かれていた事は

猫は置かれた環境に
順応する能力に長けている。ということでした。



また、これも
大抵の書物にかかれてありましたが、

ここだけはナニがあっても安全!って
ネコが思える場所を必ずつくってあげる!という事も

大切なんだなあ・・・って学習いたしました。


現在、ロッチが
「ケージ」に入っている時間帯は
夜、本寝をする間だけとなっていて、

歯磨きを終えて一旦「ケージ」に入ると
おちっこをしてすぐベッドで
白目になって寝始めます。

彼は音に非常にナイーブなので
フローリングが軋む音ですら
起きてしまうから
6畳間を一つ差し上げまして
「ケージ」はその部屋においてあります。
※おかげで執事の個室は無くなりました・・・


「ケージ」の扉を閉めるのは
書いた通りうんpの関係だけが理由となっておりますが、
寝てる間の夜だけなんだから
よしと考えております。

3ヶ月ほど添い寝の練習をするために
ロッチ部屋に毎晩仮眠夜ばいをかけていた時、

寒いから布団の中に来てくれるかな〜!って
かなり期待していたのですが

少しだけ添い寝してくれたら
自分から「ケージ」の中のマイベッドに
入って行ってしまい、
ずいぶんと寂しい思いをいたしました。


しかし、裏を返せば
間違いなく、そここそが
ロッチにとって一番安心して
眠る事ができる場所になってるんだなあ・・・とも
感じました。



猫は元来非常に警戒心が強い生き物と聞きます。

ロッチもそれに輪をかけたくらい
ビビリで警戒ネコなので

本当に安らげるとこでしか
熟睡できないんだろ〜と考えます。


なにをもってして「ケージ飼い」とするかは
人それぞれの主観的な判断基準に左右されますので
言及を控えさせていただきます。

ロッチが
出して!だして!って騒ぐのならば
私も入れたりはしませんが

朝や、お昼寝からめざめて
みゃーみゃー鳴けば執事がすっ飛んでくるのは
すでに味をしめているもようなので、

もしかしたら
自分以外の者が絶対に入ってこない
チョ〜安全な「ケージ」軟禁でぐっすり熟睡し、

健康を維持してくれてるのかもしれませんね。


P.S.
うちでは主治医の教えをまもって
毎日決った時間にカリカリを与え

御飯の時刻が終わったら
引き上げるあげ方を徹底していますよ〜。

習慣で生きてるネコにとっては
そ〜してあげたほうが良い!との
おしえだったので。

健康を管理してあげるのは
飼い主として絶対にやらなくてはならない
最低限で最大級の義務ですから
ほっぽらかしにはできないですよね〜。

ロッチはカリカリ食べる時でも
すっごいヨダレを垂らすので
ダシッパごはんは衛生管理的にNGです。

季節が季節だと
カビごはんになっちゃう!

食いしん坊さんだしね〜!
あはは




執事さん、こにゃにゃちはです。
前の猫が16歳で虹の橋に行き、悲しみに耐えられず、何の用意もせず、ある日突然ちょっと大きくなってた今のりんをお迎えしたので、逆にいろいろ用意してお迎えした執事さんのようにしてあげれば良かったなぁと思いながらずっとロッチくんを見てました。
りんはちっちゃい頃から下痢して病院通いしてましたが、お医者に誤食してるかもしれないからゲージを買って入れればと言われたり。その時すでに遅しで放牧しっぱなしでしたが、2歳くらいまでは何にでも興味を持って危ない時期なのでむしろ、危険回避でロッチくん部屋、良いと思いますよ。ゲージで軟禁と言っても、ロッチくんが出たくて暴れる訳でもないでしょうし、「ここはおらの一番安全安心な場所」なのかなぁとみていました。うちも2歳くらいまではほぼ2部屋で生活でしたよ。震災時(仙台なので)は2か月以上、怖がって押し入れから出なかったし、狭いところのほうが安心するのでしょうね。

ゲージを置いてそこで安眠してる猫ちゃん、たくさんブログで見ますが、執事さんは全開放の猫ちゃんブログが目に入ってしまうのでしょうねぇ。隣の芝生は青く見えるにゃ。
ただ、ふみうん、うんち踏んでそこら汚しちゃうのはしょっちゅうあるので仕方無いのかなぁと思ったり。(そこかっ。)あと水戸様のかほりも。執事さん、キレイ好きなんですね。

いろいろ悩みながら、ずっと同じということはなく、今とはまた違った生活が待ってると思いますよ。執事さんもロッチくんも楽しい毎日送れれば、その時その時、良いと思いますにゃ。

うちも赤ちゃんのころは寝室には入れていませんでした。
今思うと、何で入れなかったんだろう・・・って感じですが、
ゲージには入れずに自由です。
リビングで寝たり寝室で寝たり、わたしの足元で寝たりしています。

ごはんは子どものころ、一度に一食分を食べられなかったので置きっぱなしだけど、
足す量や時間は工夫しており、
アル自身も、今のところは自己管理ができているようです。

アルは昔からうんちに砂をかぶせるのが苦手で、
でも頑張ってかぶせようとして踏みつけ、部屋を汚したことがあるので、
うんちする前にわたしが出かけなきゃいけないときなんかは不安です。。
うちは寝室を出たすぐのところにトイレがあって、
夜中や明け方にうんちしちゃっても、
悲しいことに、わたしが砂掻きの音で必ず目が覚めるので、
起きておしりチェックし、寝ぼけながら砂をかぶせてます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

ゲージへの軟禁は少し可哀想だと思っていました。

現在ウチは4匹のニャンコがいますが
4つの部屋へはどこへも行き放題です。

17年前に一番古い猫(現在も元気です)を飼い始めたときには
同じように家に入れる時には足を拭いていました。
いまではそのままで家に入れています。

現在元気な4匹のために
カーテンはボロボロ、壁紙は爪とぎでボロボロ!

年に2回ほどトイレの外にまで丸っこいウンPをくっつけてくることもあります。

でも今では全く気にしていません。
仕事で誰もいない時でもフリーでどこでも(部屋の中)行けます。

ベランダも転落防止のネットを張って出られるようにしています。
寝る時も勝手気ままに好きなところで寝ています。
冬場はホットカーペットの上にコタツを置くので
その中で寝ることが多いです。

最初の数日はオシッコを他で漏らすことがありましたが
今ではその心配はまったくありません。

もし可能ならばゲージに入れることは考え直して欲しいな!って思います。
ニャンコは閉じ込められるのが一番嫌いなんですよね。

飼い方にはそれぞれのやり方がありますので
これは強制ではありませんよ(笑)

それとウチでは御飯は食べ放題(笑)
一匹は自己管理が出来ずにおデブさんになっています。

でもそれでいいと思っています。
狭い部屋で過ごすわけですから心配のないようにやってあげています。

そのうちに清潔にすることはどうでもよくなってきますよ(笑)

他のブロガーさんたちもゲージに入れる人はほとんどいません。
みんな自由にさせているみたいです。

人それぞれですから飼い方は自分の好きな飼い方でいいと思っています。
ただゲージに入れたというところを読んだときには
少し可哀想に思えていました。

これは僕だけの意見ですのでまったく気にしなくてもいいですよ。

これからも可愛がってあげてくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。