にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

清水の舞台




DSC_114bw2っb




一昨日の夜、
ロッチ君が寝る直前には
室温22度あったのですが,
IMG_9516b.jpg



どうも夜中にもっと
ひえこみそ~な気がしましたので

ケージ4Fには
椅子用オザブの下にペットヒーター。

タイルカーペットむきだしだった
3Fに

こないだの冬期に
段ボールハウスに寝かされている
ロッチ君を不憫におもい
 
粗相したらすてていいから!と
実姉がプレゼントしてくれた

恐怖のモコモコフワフワベッドを
置いてあげる事にいたしますた。

捨てるの覚悟で・・・




執事、色々考えて
寝かす前に部屋の中で
このベッドにロッチ君を
お座りさせて

大好物のグリニーズを
ベッドの内側にこすりつけながら
3粒ほどさしあげておきますた。

好きな匂いがするところに
粗相はしない!って
どこかで読んだから。





一応予防策として
ゴアゴアのウエス(雑巾)の
おっきいのを底に敷きますた。
IMG_9604b.jpg
今夜は おちりがゴワゴワするにゃ




寝心地はダウンするとおもいますが
カーペットよか暖かいかと・・・。
IMG_9608bb.jpg





恐怖の翌朝・・・




執事、ヒンヤリした感触を
覚悟してベッドに思い切って手を
つっこんだとです!

なんと!サラッサラではありませぬか!
無事一夜をすごしてくれていますた。




えらかったえらかった!
半年前なら間違いなく
やらかしていた筈。

少しはおに〜ちゃんに
なってきたんやろか・・・




先ほど二泊目の寝落ちを
いたしますた。






あっ!二泊目のグリニーズまじない
やり忘れた・・・
IMG_9630bbb.jpg
や、やばしっ!




P.S.
4Fにはもっと温かな
ペットヒーターがはいっているのに

わざわざ寒い3Fで寝るのは
なぜに?




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

ポテりん 様へ

コメントいただきまして
ありがとうございます。

執事が触ってみても
フワフワでモコモコなので

100%やばい物体とわかりつつも

この寒空のもと
タイルカーペットの上では

あまりにもかわいそだったので

捨てる覚悟で(といいつつゴアゴア雑巾しきましたが)
設置してみますた。

2泊3日は
無事クリアーしてくれましたが

じつはこやつ、あとチョイ先くらいが
いっちゃん危険ゾーンなので

執事、気を引き締めて
対処する所存でござりまする!うっ

鍵コメAさまへ

ご丁寧なコメントを戴きまして
本当にありがとうございますです。

まだまだこの先1週間くらいは
きが抜けませぬ!

執事、過去数回
泣きをみてきているので
あと数日後がヤバさのピーク期かと
ふんでおりまする。

ロッチ自身のベッドですら
ちっち やらかしてまう輩ですので

添い寝したくっても
恐ろしくて寝室への立ち入り禁止は

まだまだ規制緩和できる見込みが
ごじゃりません。

いざという時には
お力おかしくださいませませ!

そのときは宜しくお願いもうしあげます。

執事さん、良かったですねーっ!
ロッチくん、えらい、よく頑張りました!
こちらまでものすごく嬉しいのです。
赤のふちにグレーの暖かそうな素敵なベッド、
粗相されてもいいから寒そうなロッチくんのために、
決断した執事さんの愛情が伝わって良かったです。
人間の子供が、おねしょしたりおもらしするのが治るように、
ロッチくんも生理的に大人になったのでしょうか。
テロしない日が一晩一晩重ねていけるよう願ってます!
いや、ほんと良かったにょー!
白目も可愛いっ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。

FC2Ad