にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

感無量でありまする




DSC_5056b.jpg




実はロッチ君、
自分のおへやでこそ
くつろいだ態度で

ヘソ天とか
あっちへゴロン
こっちへゴロンを
やりますが

ことリビングでは
絶対にやる事なかったんです。

DSC_0135b.jpg




多分それは
我が家にお迎えして数日後の
はじめてリビングデビューした日

執事が
「ここだけは絶対のぼってほしくない!」って

色々立ち入り禁止策を施しておいた
オーディオラックに
やすやすと登ってしまい

「ゴラ~!!!」って
大声でしかられ

ビビって自室に走って逃げた想い出が
トラウマとなってしまい、

『リビング=音オバケの住処』みたいな
方程式が頭の中にインプットされて
しまったからなんだとおもうのです。

DSC_5189b.jpg
リビング、なんか怖いニャ〜




あの時、
この子がこんなにも大きな音や声に
ビビる子だとはしらんやったから

執事、大声で叱りつけてしまい
本当にかわいそ〜な事をしてまいますた・・・
一生物の後悔でありまする。




だから、
ベランダをながめることは
だいすきなんだけど

DSC_0283aaabB.jpg
あんまり安心して長居できない・・・




いっつも何かにビクビクして
警戒してる。

DSC_155b3.jpg

そげな感じで
けっしてくつろいだり
ウトウトなんかしなかったんです。




ところが最近になって

なんか以前には決してみせなかった
態度をとるよ~になってきたのであります。

前までは
すぐに動き出せるよ〜に
手は大抵前にだしてました。

DSC_7327b.jpg




ところが
最近は半分手を折って寝転びます。

DSC_2322b.jpg




なんの心境の変化かはわかりませんが
くつろいでくれるよ~に
成って来た感じであります。




居眠りっぽいことをやってみたり

DSC_6852b.jpg




多分はじめて
リビングでこんなポーズもしてくれはりますた。

DSC_2446b.jpg




執事、感無量でありまする。

トラウマ、
うすらいできてくれたのかなあ・・・




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

Anne ママ さまへ

ご多忙の中
コメント頂戴いたしましてありがとうございますです。

リビングデビューの日に
大声で叱ってしまった事、

ロッチkよかむしろ執事のほうが
トラウマになっちゃってたりして・・・
あの時すっごい後悔して
凹みましたから。

そ〜言えば
最近リビングのあちこちを眺めています。

いつかあそこにのぼってやるぜ!
えっと〜先ずあそこに手をかけて
そのあとあそこに足を・・・みたく。

毎回どこをチェックしてるか覚えておいて
夜な夜な防止策を密かに変更強化しとる

姑息な執事でござります。うっ

大丈夫だと思いますよ!
トラウマ、というよりもロッチくんは賢いだけなんだと思います。
一度怖い思いをしたところは、その思いを忘れちゃったとしても、ダメなところやった!って思うだけで、トラウマほど大きな恐怖にはなっていないと思うけどなぁ。
だって、いつもそばには大好きな執事さんがいてくれるんだもの。

自室との使い分けで、リビングに来た時はあれもこれも!って気が散っちゃって、ゆっくりできなかっただけで、今は毎日リビングに出てこれるということもわかっているし、焦って色々しなくても、ゆっくりくつろいだらいいやん!って思えるようになったんじゃないかなぁ。

怖いというきもちよりも、もっとこのお部屋で遊びたい!と気が行っていただけじゃないかなぁ。
と、私は思うなぁ。
だって、以前のロッチくんの様子も、十分安心しているように見えるもーん!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。

FC2Ad