FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

目下の悩みは  「は ら げ」




DSC_6846b.jpg




ちょうど一年前の8月下旬。

執事、ワクワクドキドキしながら
キャッテリーにおじゃまして
はじめてロッチ君と逢いました。




ブリーダーさんの手の中に
スッポリ入っちゃってる姿や
2017-8-0001b.jpg




ヨチヨチ歩きながら
机の上をこっち向って
歩いて来る姿は
今でも目に焼き付いています。
2017-8-0003b.jpg
すいません、執事興奮してブレブレ




あれから1年・・・

今では4.45kgの
立派(豊満?)な男の子に
無事そだってくれますた。
IMG_5729bb.jpg




IMG_6449b.jpg





そげな我が家の
目下の悩みは・・・

「はらげ」でござんす。
※BGMボリュームにご注意くださいませ





見るたび、すきばさみで
さっぱりカットして
そろえてあげたくなります。

さすればも少しだけ
スマートに見えるのではなかろ〜か。


まあ、執事
ケリケリおっかなくって
よ〜しまへんけど・・・うっ


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

みけ 様へ

コメント頂戴いたしまして有り難うございますです。

初めてのニャンコちゃんだったので
ブリーダーさんに逢う直前まで
「もし可愛くなかったら
なんて言ってことわろ〜かっ!」ばっか

頭の中で考えていますた。



んでもって
「この子なんですけどね〜!」って
見せられたのがロッチ君。

もう、ノックアウト!その場でお迎え依頼しちゃいますた。

そんなお子が
1歳になってお腹タルッタルな
おっさん体型に・・・うっ

Anne ママ 様へ

お忙しいのにいつもコメントくださいまして
有り難う御座います。

もっしゃもっしゃなんですよ〜ロッチのはらげ。

まるで金田一探偵の頭!(掻いてもフケはでませんが)

あれって
必要性からボッサボサになってるんですか?!

しょっちゅういろんなとこ舐めては
身だしなみ整えてるくせして

あっこと、デンブの座る時に床につくあたりは

も〜ムースつけてあげたくなるくらい
バッサバサ!みっともないったりゃあらあsんです。


あっ!今だから初めて記述いたしますが〜

Anneママさまって、
私の妄想の中では「浅田まお」似の
深窓の令嬢!という設定になっておりまする。

何回か
お三方を方にのっけた
後ろ姿を拝見していて

勝手に定着してしまいました〜。

ですからお化粧せんでも
たいまん勝負で全戦全勝なさっておいでなんだなあと。

これからも「スッピンAnneママ」で
つっぱしってください!

はらげ!!(笑)
でも ロッチ君のならいいかもなぁ💕なんて(^^ゞ
BGMが 良かったです(笑)

にしても 幼少の頃のロッチ君
今も可愛いですが
もう反則的に可愛いですね(●>v<●)

その腹毛、必要ですからー!
だって、お腹のファスナー隠すためにあるんじゃないの?
見え見えだったら、すぐに中のちっさいオッサン出てきちゃうじゃん?
ダメよー、ファスナー隠しのための腹毛なんだからー。

って冗談は置いといて。
これは性格の違いだなぁと面白く拝読しましたわ。
執事さんは本当にとてもきっちりなさった方ですよねぇ。綺麗に揃えてあげたい、カットしてあげたいって思われるのよねぇ。素晴らしいわ。
私はなーんとも思ってなかったわ。むしろボサボサなのを喜んで見てた。
見た目の美しさも大事ですよねぇ。そこをこだわらないから、私はダメなんだろうなぁ。
娘にも「ママ、もうちょっとお化粧なんとかしたら?」と言われる毎日。
いや、お化粧自体をしてないんですけどー!
ロッチくん見習って、ちょっと綺麗を目指そうかしら。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。