FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

ダンシャリできずに 救われた



2017-5-21-006b.jpg


執事、
暑くなってからの
ロッチ君爪対策として

以前ご紹介した「ヤッケ」(下だけ)を
しばらく愛用しておりました。
(上はむれて辛抱あかんやったです)

非常に安心してすごせていたので
大助かりでした。


が、


あまりにもかっちょ悪いので
思い切って

ショートパンツとTシャツで
ロッチ君と対峙してみますた。

も〜ねっ、流血覚悟でつ!


我が家にお迎えしたときから
人様に爪を立てたり
牙をむいたりしたら

20分別室にとじこめて
(大抵は執事が別室に出て行ってましたが)
「遊んであげない刑」を
行ってきたからか

じゃれたり甘噛みとかで
爪をたてたり噛んだりは
ほとんどしない子に育ったので

血だらけになる足を
覚悟していたのですが

白鯨のよ~なオミアシは無傷!
(書きたかったけど白魚・・・ではない)

ただ、ロッチ君肩に飛び乗ってくるので
上はTシャツだと痛い痛い!

まあこれだけは悪気があるわけじゃ~ないので
執事一歩譲って着古した厚手の半袖着用に
歩み寄る事にいたしますた。
(捨てないでとっておいてよかった〜!)

かくれんぼしていて
足に両手両足おっぴろげて
とびかかって来るときも

ロッチ君は執事の足にあたる直前で
着地してくれ、
決して足に飛びついたりはしてきません。

せっかく5着こ~ておいたヤッケ
(買い過ぎやろ!)

タンスの肥になりますた・・・

台風の時期にでもまた
ひっぱりだしてくるといたしますです。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

もこつく てけこ 様へ

コメントありがとうございます。

ちゅんぼ子ちゃんはやりそ〜ですよね!
あの素敵な一本タワーの上からだって
ティヤーって飛んできそ〜ですよね。

うっとこのは
ドアを開けてもらい時は
立ってる執事の胸に飛び込んできますので、

上着だけは厚手でないとチョ〜危険!

肩に乗る時はそのままペッチャンコになって
座るのでうなじがお腹の熱で暑いですが
降りるときに爪を使うので要注意なので
ありまする。

執事、爪をよ〜切らんから
大変であります。

ララキラリ父三枚目様へ

コメントありがとうございます。
ニャンコ初めてなので、うちのが
甘えん坊なのかツンデレなのか
よくわからないのですが、

抱っこやナデナデはお迎えした時から
大っ嫌いでさせてくれませんです。

朝の起きぬけと夜の本寝直前だけ
抱っこし放題になぜかなるので
ここぞとばかり撫でまくったり
吸いまくってまする。

故意による引っ掻き傷やら咬み傷は
皆無ですが、不可抗力による傷は
何回かやられました〜。

いつになればモフモフさせてくれるよ〜に
なるのでしょうか・・・。

秘策があったらまた教えてきださいませ。

傷だらけのてけこが通りますよ(= ̄∇ ̄)ノ

5着も準備しておったのですね!!
それはそれは.....山菜採りの時にでも着ましょーか( ´ω`)ww

ロッチ君も肩乗りニャンコさんに育ちましたか♪
ロシアンは多いですからね~肩乗りさん!
うちももちのろんで肩乗りですけれど、
ちゅんぼ子に至っては1m離れたところでも、
ヤーーーーッヽ(`Д´)ノっと飛んで、
背中やら肩やらにしがみついてきまして、
まるでSASUKEもしくは風雲たけし城のアスレチックばりですわww

ロッチ君は男の子なのであまえんぼうなのでしょうね。
内のララ姉さんはきつめのお姉さんニャンコなので、
いわゆるツンデレなので気に入らないと引っかきやニャンコキックされてしまいます何故かララキラリ父さんだけに。
まあ男なので怒らず我慢してますけど。けっこう両腕に引っかき傷があります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。