FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

添い寝 トライ 開始


手術後20日ぶりに遊びにきた
実姉にバンジャイさせられている図


      ↓

2017-2-19-007B.jpg



2017-2-19-009B.jpg




やはり
ここ最近ロッチ君の性格が
変わりつつあるよ~です。

明らかに去勢手術前や直後よか
執事の近くに何かとまとわりつくよ~に
なってきました。

抱っこまではいきませんが
膝の上に自らのっかってきます、
おもちゃもおやつも無しで。

そこで執事一昨日より
あたらしい試みを開始いたしますた。

粗相やうんpスタンプ問題が
ありますゆえ、

寝室に入れる事は
まだまだできませんが
私がロッチの寝室に行く事は
可能でありまする。

粗相されても捨てるのが
惜しくないフリースの
安物毛布をこ~てまいりまして

高さがあわなくって
使わなかった低反発枕を片手に

ロッチ君が眠くなった時に
添い寝の練習をしてみよ~と
ロッチ部屋でゴロンと横になりますた。

20分ほどは
部屋のあちこちを
散策して遊び回っていました。

やっぱ、いきなりは無理だよね・・・

じっと毛布をかぶって
ロッチ君が来るのを
まだかまだかとまっていました。

毛布の中には
途中何回か入ってはきましたが
ゴソゴソしてすぐ出て行って
しまってました。

いつの間にか睡魔にやられて
執事の方が寝落ちしてまいますた。

15分くらい経ったでしょうか、
いかん!って目をあけたら
ロッチ君は執事の頭のうしろ、
枕の狭い空きスペースに

スフィンクス座りして
眠っているではありませんか!

いつものよ~に
ケージ4Fのベッドに入ってるかと
おもったのですが

同じ枕を使って寝ていたとは・・・

トライして二日目にしては
まずまずの成果に
執事心がウキウキしてます。

今夜ももちろん
実験、続けますだ!


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ





スポンサーサイト



コメント

モコマダム様へ

えっ!
顔の近くは良い兆候だったんですかっ?!
執事、ど〜してあったかい毛布の中に
入ってくれないのか
悲しい気分でしたが、
少し喜んでもいいのですね!
昨夜は3回目のトライアルで
毛布の中でわたしの鼻息が
かかるとこで10分くらい
ゴロゴロいいながら
じっとしていてくれました。
その後は出て行っちゃいましたけど・・・。
すこ〜しづつ前進あるのみでありまする!

おお!添い寝実現しましたか!
頭周辺で寝るのは最大級の信頼の証て
いいますよ(=^x^=)
おぼっさまも、着々と甘えん坊に成長中ですね(^O^)

A_SOULさまへ

毎朝
閉ざされたロッチ部屋で
朝の「大」と「小」を
確認後、両手両足&水戸様をフキフキしてから
リビングへのドアをあける事にしてますが、

もし

いつでもどこでも出入り自由にしたら
どこでもうんpスタンプだらけ・・・

ロッチ君は大好きですが
スタンプ君はすきになれませぬ・・・

なんとかうんp踏まない
紳士に早くなってもらうしかありませんねえ・・・
(当分ムリか〜)凹

やはり虚勢後の変化、出てきたのですねー♪
いい感じではないですか!!
お粗相も治まる可能性もあるので、
期待して様子をみましょう↑↑!

スタンプ問題…
これは諦めと拭き掃除と洗濯と処分の繰り返しです^^;
うんpでなくても、やはり直に床を歩くので
肉球スタンプはつきものですね…
家のららは尿もれもするようになってしまったので
拭き掃除と洗濯の繰り返しです。
しゅうが匂い発見係なので、
オチッコもうんpもおゲロも
すぐに見つけてくれるので助かります。
13年で私に異常は出ていないので
菌も…免疫つくのだろうと思います^^;;
体質にもよるかもしれませんが^^;

添い寝、楽しみですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。