FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

にゃんこと出逢う前に私が知りたかった事

ロッチ君にであうまでに
ずっとわからなかった事が一つありますた。

それがゆえに
なかなか見学を申し込むゆうきがもてずに
ずるずると時がすぎていった覚えが
ござります。

それは
どんなお顔の赤ちゃんが
どんなお顔のにゃんこちゃんになっていくのか・・・

小さな時にお迎えのお約束をして
その後どんな大人になっていくのか・・・

それがわからんで
どうやって見学してそのばで
きめられるんだろか・・・

色々ネットとかで
かわいいにゃんこちゃんの
幼少期のお写真とかと現在がわかるHPとかを

毎晩の様に探しては拝見しておりました。

そげな私が
ロッチ君にあいにいく前に
実はお写真いっさいみないで
逢いに行ったとです。

そのころには
もう出逢うも出逢わんも
時の運や!

運がよけりゃ〜かわいい子に逢えるし
悪けりゃ〜あわれへん。

そんな境地に達しており、
はじめてロッチ君(当時はロッシー君と言ってました)に
お逢いして、

その場で「このこをお迎えしたい!」って
決心がついてしまいました。

当日まだ100%お迎えする自信はありませんでした。
少しでも不安材料があれば
断って帰ってこようって考えで
キャッテリーさんちへおうかがいしました。

なんせニャンコちゃんはじめてでしたから。

多分そんなお方も
げんざい結構いらっしゃるのでは
ないでしょうか。

私が過去すっごい迷った事を
ここにアップしておけば
何かの・誰かの参考になるかもしれないと思い

こんなお顔のベイビーは
こんな感じになってきてるって〜変化を
記録として残しておきたくおもいました。

ロッチ君にはじめて逢った2016-8-28から
昨日2016-11-21の間の変化でありまする。

        ↓  

2016-8-28(初対面・生後28日歳)
2016-8-28.jpg

        ↓ 

2016-9-1(ブリーダー様より)
2016-9-1.jpg

        ↓ 

2016-9-16(同じくブリーダー様より)
2016-9-16.jpg

        ↓ 

2016-10-15(我が家にお迎えした初日・生後76日歳)
2016-10-15.jpg

        ↓ 

2016-10-28(生後89日歳)
2016-10-28.jpg

        ↓ 
2016-11-4(生後96日歳)
2016-11-4.jpg

        ↓ 
2016-11-9(生後101日歳)
2016-11-9.jpg

        ↓ 
2016-11-15(生後107日歳)
2016-11-15.jpg

        ↓ 
2016-11-21(きのう・生後113日歳)
2016-11-21.jpg

体重は
お迎えした76日歳の時が1kgきっかし。
今日114日歳で1.85kgになりますた。

まだまだ変わっていくと思いますが
約四ヶ月の変化ですた。

長くなってまいましたが
こんなお顔のあかちゃんは

そんなお顔になって行く!の
参考になれば幸甚です。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ(横浜)さまへ

良い事も悪い事もぜ〜んぶ含めての
ねこちゃんとの共同生活ですから
あったまくる時とか
むしょうに可愛い時とか
そりゃ〜も〜色々ありますです。

でも、どこかの教育本でよんだのですが
猫ちゃんは人とちがって邪な感情をもってなくて、
やりたい事!嫌な事!好きな事!怖い事!嬉しい事!

すべてにおいて感情にストレートな
生き物なんだそ〜です。

人はなにかと駆け引きしながら
相手と接することが大概ですが
にゃんこちゃんはちがうんだそ〜です。

だから許せちゃう事、多いです。

あ!名古屋のそこは
私的に大変信頼できるおかただと
おもっています。

わたしも一度ロッチに出逢う前に
ご相談したことがあり、

とっても真摯に色々教えてくださった
恩人でもございます。

きっちりしたお育て方針をおもちだし、
ここの選択は間違いないとおすすめできます。

ただ、大事に大事に育てていらっしゃるので
数が少なく待ち時間は要覚悟です。

わたしも来年年明けになるといわれて
泣く泣く断念いたしました。

でも
もしこの先ロッチの兄妹がほしくなったら
きっとこんどこそここからお迎えしたいと
おもっています。

今でもブログで育て方なやんでいると
適切なアドバイスくださったり
「わたしでよければ相談にのりますよ!」とまで
言ってくださる素晴らしい人間性のおかたです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ(よこはまにお住まい)さまへ

おひさしぶりです。
まよわれて当然だとおもいますよ。
私もかれこれ半年以上まよいましたから。
「ほんとうに一生面倒みれるんだろうか・・・」とか
「甘えん坊でなかったらどうしよう・・・」とか
「なつかなかったらどうしよう・・・」とか
「いつかきっとやってくる死別に耐えられるだろうか・・・」とか
「リフォームしたばっかの壁にスプレーされたらどうしよう・・・」とか

もう数え上げたらきりがないくらい
なんとか飼うのをあきらめる正当な理由づけを
頭の中でぐるんぐるんと考えてばかりいたのを
懐かしくおもいます。

じっさいに子育てに
色々悩んだりしている最中ですが、

にゃんこちゃんがどう育っていくかは
はやり持って生まれた性格3割。
ブリーダーさんの腕(方針)3割。
飼い主の育て方4割。

みたいな気がしております。

もし本当に6割は自分自身以外の
外部要因に左右されるとするなら

どんな親猫をおもちのブリーダーさんで
どんな育て方をなさっているのかを
いろいろ人の評判おしらべになられたほうが
よろしいかとおもいます。

うまれた子猫を母猫まかせでそだてて
法律上ゆるされる時期がきたら手放すよ〜な
ブリーダーさんはお避けになるべきだと
強く感じております。

申し込んでから
かなりまたされたとしても
お迎えの日がくるまで
手塩にかけて育ててくださるブリーダー様を
どうか選択してくださいませ。

誠意のこもった育て方をなさっているブリーダー様は
年間の子猫数もすくないので
なかなか待ち時間が長くなりますが

それだけ結果に違いがでてくると
私は確信しております。

子猫はいろんな物に興味をもちます。
それを「いたずら」と捉えるのは人間側の発想で、
猫ちゃんにとってみれば「極とうぜんの行動」なんだと思います。

これを触られたらいやだなあ・・・って物
わたしも山ほどございました。

でもそれって猫ちゃんにしてみれば
人間が嫌か嫌でないかなんておかまいなしです。
嫌ならさわられないよ〜に人間が
工夫すればいいだけのはなしでして

それっくらいは同居するうえで
歩み寄らなくてはならない事なんだと感じています。

現状あるがままの生活空間のなかで
なんにもしないいいこちゃんの子猫なんて
世の中にいませんから。

ちなみに我が家では
にゃんこさんを絶対いれない部屋が
2部屋あり、そこに大事な物や
雑多な物を集中してしまうようにしました。

少しだけ人間の生活が不便にはなりましたが
人もニャンコもお互いがWin-Winな生活環境にするには
互いにすこしづつ我慢が必要なんだと考える事にしました。

ニャンコさんには入りたくても2部屋我慢してもらうかわりに
人間はその2部屋にあると不便な物でも我慢する。みたいな

戸棚の中にさわられたくないない物をしまっておくとか
ご家族になんとか強力していただける事をお祈りしています。

その不便さなんかふっとんじゃって、おつりがくるくらい
ロシアンちゃんは可愛いですよ!

「いや〜ん」とか「けちんぼ!」とか
「ごは〜ん」とか最近よくしゃべりますので
ますます可愛さ増大です。(粗相には時々なかされますが)



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。