FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

添い寝実地訓練(前)




DSC_6416b.jpg




いやいやいや〜

連休最終日執事
とんだ寝不足におそわれてまいますた

日曜の夜
いつものよ~にロッチ君が本寝のために
自らケージベッドに飛び込んでいきますた




消灯してドアをソッとしめ
執事リビングに戻りめくるめくオヤツタ〜イム
(それすっから 体重おちへんねんって!)




2時間ほどするとあっちのほ~から
夜鳴きの甘えた声とちがった低い鳴き声が・・・




あっ!これは
うんpの後始末要求の鳴き方だでっ

パパラッチカメラで密かにのぞいてみると
やはり
おトイレの砂を必死にカキカキしとります
(必死のお手手が かわゆい)
DSC_6283b.jpg




23時過ぎてからの大掃除と空気抜きは
ち〜としんどいので

鳴きやんだら明日の朝にしよまいかって
執事都合で勝手におもとったのですが

あっ
明日も休みや~ん!って思い出し
重くておっきなお尻をあげることにいたしますた





おぉ!
最近のお便秘ぎみの中では
かなりいっぱい放出してくれてます

それだけで執事嬉しくなってきちゃいます
チッコもちゃんとしてくれてるし




3倍増設部に仮軟禁して本ケージに来れないよにし
おトイレ掃除と空気抜きをしてしまいます

総てが終わると日が変わってました





ケージへの扉をあけてあげても
こっちへ移動してこなかったので

オチリ拭き拭きの刑は明日の朝だにゃ!って声をかけました
DSC_6383b.jpg




部屋をでようとしたらミャ~って鳴きよります


振り向くとケージの落とし鍵のとこを
指差しまくってこっちみつめてます

ここ!ここ!
ここ開けて!って




えっ?!こんな時刻に〜?!
今出すと めんどっち~なぁって執事一瞬ひるみました



やっぱオチリ拭き拭きしときたかったので
抱っこ出ししてあげていつものよにきれいきれいしました




少しだけ部屋の中を散歩させてる時

ん?!
あと八時間は大も小も可能性ゼロだよね?ロッチ!




三連休だからやっちゃう?!
生まれて初めての本添い寝実地訓練
やっちゃう~?
DSC_6311b.jpg




ロッチ君がゆっくり瞬きします
これはyesのサイン


まだ1日やすみやし

えっ

どしよ執事

やっちゃう~?!え~っ!




長くなってしまったので続きは後編でっ!
DSC_64v12b.jpg




うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

ポテりんさまへ

りんちゃんの
得意な曲はにゃにかな〜?

ショパン?ベートーベン?
しょれとも
猫踏んじゃった?!

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

まだまだ遠い先の事だと
思っていたのですが

試し運転、やってまったでつ。

ウッ

Anneママさまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございます。

1年先の筈が、
試運転ながらやってまいますた。

ウッ

おぉっ!
朝まで添い寝にゃるのか!
続きが楽しみです!!
二人で朝日を見てモーニングこーしーが飲めたにょか。恥ずかしがりやのロッチくんの反応は今後どうなったにょか。

りん、昼の部は、3種出したうち、今新鮮をちょっとですが食べてくれました。食べないほかは元気なので、食欲も頑張ってもらいたいです。

うふふ、思った以上に早く前倒し。さすが執事さん。
わかるわぁ。ロッチくんお利口さんだから、どんどん進んでいけちゃうもの。
止める理由もないものね。
トイレもバッチリ、そして次の日はお休み、本ニャンがやる気満々!こりゃ、行くしかないよね。続きが楽しみですわぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。