FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

表情筋




ほくそ笑み〜
IMG_3940b.jpg
へへっ






ムッとな〜
IMG_3946gb.jpg
いまなんて言った!






真顔〜
IMG_3947bb.jpg
基準値な顔にゃ〜






あれ?みたいな
IMG_3949b.jpg
さっきオラ なに思いついたんだっけ?






すっごいイタズラおもいつちゃった!
IMG_3952b.jpg
イヒッ






にゃんこさんって

お耳を動かす為の筋肉は
すっごい細かくいっぱいあるんだけど

お顔を動かす筋肉は人と比べて
かなり少ないらしく

あんまり表情が変わらないと言われております









執事
ロッチ君と暮らしていて

思っていた以上(言われてる以上?)に
色んな表情をするなあって驚かされる事が多いです



確かに
お耳やおシッポなんかは
すっごい細やかな動きをしてますが

お顔だってそ〜そ〜捨てたもんじゃ〜
なかだとおもいますです




もしかしたらロッチ君てば

こないだこっそり ドン◯ホーテでこ〜てた
小顔マッサージ器で

夜な夜な表情筋きたえているのでしょか・・・
IMG_3950b.jpg
夜中にこっそりド○キ行ったのばれてたにょか




うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

ポテりんさまへ

りんちゃん、大変でしたね。
心配でたまらない心中お察しいたします。

記事拝見してからずっと気になっていたのですが、
もしかしたら
今回おとなし薬がとっても効いたのは

りんちゃんがエコーやってもらって!お願い!
って
わざと効いてるふりしたんじゃ〜なかろうかって
気がしてなりません。

そりゃ、石なんか無いにこしたことは
ありませんが
早い内に発見できたのは
不幸中の最大なる幸いだったと
私つよく感じました。

そしてこれは偶然なんかでなくって
りんちゃんが誘導した必然だったんだと
思っています。

ニャンコさんはおちっこを凝縮しちゃう
生き物だから腎臓関連はみな弱点。

大事に至る前に石に気付けた事の
幸運に感謝して大切にケアしていってあげれば
きっとりんちゃんも喜ぶにちがいありません。

ロッチのかかりつけ医は
腕は確かだと信頼してはいますが
最先端の医療器機が無い病院なので

色々検査してもらえるりんちゃんちが
羨ましくって仕方ありません。

今後も今まで同様
可愛い可愛いりんちゃんを
まもって行ってくださいませ。



いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

明日の記事に書きますが、
ロッチの甘えん坊進化大作戦、
新技法を編み出しますた!

うひっ

にゃんこさんって、一緒に暮らしてみるとほんとに表情豊かなんですよねぇ。
私は昔、実家でわんこと暮らしてて、にゃんこは笑わないからなぁなんて思ってたのですが、実際暮らしてみると、わんこに負けないくらい、うんにゃ、ぶっちょう面も合わせると、わんこより表情豊かかもです。
ロッチくんは、ほんとにいろんな表情しますよね!お口が漫画みたく、むにゅっとなったり、まんまるお目目も多彩で、果ては座頭市まで、可愛いお顔も変顔も、たくさん楽しませてもらってますよー!

昨日の記事、ロッチくん、はにかみ屋さんなとこがとってもめんこく、そこがたまらないんですよねぇ。執事さんとロッチくんの相思相愛、両想いは、いつもブログからあふれ出てますにゃ。来年あたりは、膝抱っこしながら、記事を書いてるかもしれませんよー!ロッチくんは一人っ子、執事さんしかいないし、、執事さんのことほんとのママだと思ってると思います。執事さんがロッチくんのこと大好きなのと同じくらい、うにゃ、それ以上、とっても頼ってて、執事さんのこと大好きだと思いますにゃ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。