FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

まあまあ納得の切れ具合でした




DSC_1550bb.jpg
見たい〜?




先日意を決して強行した
第二回ロッチ君のエリカラ頼りの爪切り大会

切れた手応えは確かにありましたが
切れ具合を確認するほどの余裕は

ロッチ君にも執事にもなく
お互い4本いった時点でゼ~ゼ~ものござりますた




ちんまい切りカスしか回収できんやったので
ビュンビュンに尖ったほんのさきっちょしか
切れてなかったのでしょ~




昨日偶然そのカギヅメをロッチ君が
見せてくれると言いだしました
DSC_1553b.jpg
ホレッ!




ちょっと待てってもろ~て執事
あわててカメラをとりに行きます

急いで引き返して来てカメラパワーお〜ん!




これが見せてくれた左手
DSC_1549b.jpg
カメラの最短距離でちっ




アップ
DSC_1549upb.jpg






んでから
こっちがとっても切りにくかった右手
DSC_1576b.jpg




アップ〜
DSC_1576upbb.jpg




おお!
前まで通っていた美容院みたいに
赤いとこギリギリまでは全く切れておらんよってですが

想像していたよかたくさん切れていて
執事ちょっぴしうれしかったりして・・・




オラはうれしくニャイから!!!
DSC_1539b.jpg




うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

ポテりんさまへ

りんちゃんの食欲、
今日はいかがでしょうか

気圧の変化が激しいから
つらいのかにゃあ・・・


いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

落ちてたキリカスからして
爪楊枝のほんの先っちょくらいしか
切れなかったのかと思っていましたが

見せてくれた爪を確認すると
割と切れていたことがわかり
これからの自信につながりますた!


まだあんよの爪といった壁が
立ちはだかっていますが
しぇんえん浮かして私のおかずに
久留米イワシを一匹ついかするため

がんばってみますにゃ〜!

Anneママさまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございます。

よもや自身で爪が切れる日がこよ〜とは
思ってもいませんでした。

エリカラ慣らしは始めたものの
きっとどたんばで探しておいた他の
美容室にかけこんじゃうんだろな〜って。

まぁ、まだ足の爪と言う難関がありますが
ロッチ、あんましケリケリはしないので
飛びつかれたりする時にきをつけていれば

まだしばらくはイメトレの猶予があるかと!

執事さん、上手に切れてますよーっ!カギツメ難しいのにちゃんと切れてますねっ。このぐらい切れてれば、当分安心して暮らせますねーっ。私はしょっちゅう縦にひびが入ったり、爪が割れちゃったりすることもありますです。けど、やはり慣れても血が出たらそれまた怖いので、ちょこっとづつ、切ってますにゃ。
Anneママさんち、ママさんが抱っこでパパさんが爪切ってくれるのはうらやましいですよねーっ。パパさんを爪切りのとき、お借りしたいです。うちは、主人の抱っこは嫌いなので、困ったもにょです。

でも、やっぱり執事さん、抱っこしながら一人で切れるのってすごかです~。エリカラ付けられること自体も素晴らしかたいっ。

ウンウン!素晴らしい。それだけ切れていたら、当分大丈夫ですよ。
それにわかるわぁ。爪のカケラを発見できず、カスカスばかりなの。だって怖いもん。思いっきりスパッと出来るなんて、私には信じられないことですわ。
ちょっとずつ確かめながら切るの、ロッチくんには負担かもしれないけど。
安全だもの。安全第一。そうしているうちに、慣れてスパッと切れるようになるのでしょうね。我が家はご存知の通り、パパが切ってくれてるのでがっつり尖った爪が床に落ちます。で、それを踏んだら痛い痛い!足の裏に刺さるほどですよ。ある意味、落ちた爪も凶器。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。