FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

権兵衛がタネまいちゃった




DSC_6518b.jpg
なんかおっこってにゃいかにゃ〜




世間はだんだん
暖かくなってはきますたが〜

まだまだ執事の手荒れは
絶好調です
超絶マックスでつ

こないだロッチ君に塗ってさしあげた
肉玉クリーム
だまてんで
寸借したくなるくらいひどか状態です




昨日もポッカポカだったので
そこいらじゅうを警備しまくってました



なにやら腹減った顔に見えたので
DSC_6481b.jpg
おっ、にゃんかくれるにょか?!




ロッチ?!なんか食べたい?って
お手!ってしてみたら

テーブルの上にピョンと飛び乗り

すかさずお手とハイタッチを
かえしてきます
DSC_6532bb.jpg
メシはちゃんとテーブルでたべなきゃにゃ!




お行儀わるかったのですが
テーブルの上で待ちこがれてる
灰色こぞ~さんに特別サービス
IMG_9838b.jpg
オラ ちゃんとお手とハイタッチしたぞ!




大好きなオリジンがてんこ盛りに入ってる
タッパーを片手に

一粒づつ指先から食べさせてあげまいかって
スタンバイしたとたん・・・




やってまいますた

権兵衛が畑にタネ、ぶちまけてまいますた
ツルンって手がすべって・・・
IMG_9847b.jpg
うひゃ〜空から好物降ってきた〜




執事の手

握力はまだまだ残ってるのですが
滑り止め効果が今ジェロ




一粒づつあげて
舌やらアゴやらの感触をたのしも~とした
バチがあたったのでしょか



姑息なことしゅっからだっ
まとめてお皿にだしぇっ!

IMG_9803b.jpg




いつになったら執事の指
滑り止め効果復活するのやら・・・




うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ





スポンサーサイト



コメント

ポテりん さまへ

そちらも今年は
雪が少なかったのですね〜

ほとんど積もらないこちらでは解らない
ご苦労が少なくてよかったですね

あとは18Lの行く末だけだけが・・・



いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

も〜、悲しくなるくらい
指先ががっさがさになってまってます

これ、夏前くらいにやっとこさ
治ってくるのですが

秋にまたはじまっちゃうから

きれいな指先でいられる期間は
むちゃくちゃ短いです〜。うっ

Anne ママ さまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございます。

もねっ、
買い物レジで千イェン札が

上手に出せないくらいかっさかさなので
いっつもおっきいいのん1枚だしちゃうから

お財布が千円でぱんぱんで大金持ち気分です。

ロッチにほれ!ほれ!って
一粒づつあげるつもりが・・・

ぶんまいてまいますた。うっ

空からカリカリ、夢のようにゃっ。ロッチくん、良かったねーっ!
手から食べさせる姑息大作戦、惜しかった!
そうそう、私もガサ子でツルツル滑りまくってますにゃ。クリーム塗るタイミングがなかなか来ないっ。あと、化学繊維の布だとチクチクして痛いですーっ。今日もこちら、朝はストーブ点けましたが、今はあったかくてとても点けていられず、泣けてきますにゃーっ。気温が高いと執事さんがおっしゃるとおり、朝晩ストーブつけても、さっぱり灯油が減らないー。

うん、この時期仕方ないです。
iPhoneの指紋認証(古いものだから)全く機能せず。
私も指紋がなくなるくらい、ガサガサというか変な指と手をしてます。
お湯を使わなくなったら、随分ましになると思うけど。
まだ油物を洗うときなどには、お湯出しちゃうからなぁ。

ロッチくん、天から降ってきたねぇ。ご褒美がたくさん!
いつもお利口さんだから、神様見ててくれたんだねぇ。ウッシッシ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。