FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

肉玉クリームさぼってた




IMG_9550b.jpg




そいえばここんところ

ロッチ君の肉玉チェックを
執事怠ってますた
(色々怠ってばっかです・・・)




ロッチ!あんよ見してみ~
DSC_5856b.jpg
あんよでちか?!





今まにあってますから見んでい~でち
DSC_5851b.jpg
ピトっ






ま~そ~言わんと
思い立ったが吉日ってゆ~やん
見せて~な~

DSC_5931b.jpg
ろくな事にゃいから だんこ遠慮ちときましゅ





しゃ〜ない かくなるうえは
小ホカぺ大作戦じゃ

ウリウリすいっちお〜ん

DSC_5777b.jpg
オラ
しょ、しょ、しょの手にはのらにゃいからっ






案の定
フニャフニャになったロッチ君は
執事に肉玉不覚にも見せてしまいます
DSC_6025b.jpg





少し玉荒れしとる風でしたので
お昼寝終わった時にふんづかまえて優しく抱っこして

以前こ~てきといた
シアバターの肉玉クリームを
たっぷりぬりたくってあげますた




ベタつき感が
すっごい気になるらしく

しばらく
へんてこな歩き方をやっとりました

へんてこぐあいが滑稽で
執事失笑してまいましたが
当ニャンはむっとしとりますた




うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ





スポンサーサイト



コメント

mikan-tiiさまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

私もこの時期
人前でお財布からお札が
きちっと枚数分出せないくらい
カサカサ!

だからいつもおっきいの出しちゃって
いつの間にかしぇんいぇん札で
お財布パンパンにゃ!

少しお金持ちになれた気に
なれます!

ポテりんさまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

調子が良い時の肉玉は
写真よりもっともっと
ふっくらしていて

シワがまったく無いんですが
今回シワシワだったので
厚塗りしちゃいますた!

最初はナメナメしてましたが
オモチャで遊ぶと
クリームの事は忘れてまいますた!

うっ、たんじゅんな子やっ

Anneママさまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございます。

以前まで週一で
ハンドクリーム塗ってあげてたのを

シャンプーで知覚過敏症みたく
させてしまった時から
ずっと中止していました。

気にはなっていたのですが
放置し過ぎて肌荒れおこしちゃってたので
ちょ〜ベタ塗りしました!

あっ、少し気になってなめてましたが
他の事できをまぎらわせてたら
忘れてしまったみたいです!

ニワトリか〜いっ!

ワタクシも手荒れが酷くて、クリームが手放せません。
ロッチ君もたっぷり塗ってもらって、へんてこな歩き方しても
舐めたりしないのかしら?

ロッチくんの肉球、きれいですね!うちは肉球ガサ子、今は白っぽくなってて、そういえば、執事さん、おしゃれな肉球クリーム塗ってあげてるのかなぁとふと思ったりしてました!そっか、ちょこっとベタベタするんですね。執事さんが売り場で迷いに迷い、シアバター?入りの安全なオーガニック高級クリームだったような気がしましたですーっ。

でも、ママさんもおっしゃってますが、すぐ舐めないなんて偉いっ。ロッチくん、肉玉まで気を遣ってケアしてもらって幸せものにゃっ。ぷにぷにした小豆色、可愛いですね!

歩きにくいと思うほどだと、結構しっかりとつけてもらったんだね。
その後、舐めてすぐに取らないですか?
我が家ではぺろぺろしちゃって、付いてるのは一瞬かと。
少しの時間でも舐めずにいてくれたら、しっかりと保湿できるでしょうねぇ。
ロッチくん、美容意識高いかしら?
ちゃんと保湿するために、舐めずにいてくれる美容男子かしら?うふふ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。