FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

にくだま冷やし




IMG_9351b.jpg




一時収まってたロッチ君の夜鳴きが
最近また始まってまいますた

部屋を覗きに行くと
おトイレがおいてあるケージ1fにいます
(ほぼ100パーセントに近い確率で)

でもチッコ塚もうんp塚もないんです




「どちたのロッチ?!」って
近付いていくと
クルルッて短く鳴きながら

2fのカリカリ皿の前に
ケージ柵に身体をくっつけて座ります




ハイハイぽんぽんね?!
わかったわかった

ごあ~ん!ごあ~ん!
ごあんおいちおいち!
ごあ~ん!
」って執事念仏みたいに唱えながら

柵から手をつっこんで
ロッチ君の洋梨おちりを
かるくトントンしてあげると

いきなし
バリバリガウガウって
普通のカリカリなのに頬張りはじめるんです

あんだけ触られるのが好きくないロッチ君が
こんときだけは触らないと食べださない!

一度いじわるで
わざとみてるだけにしてみたら
食べないで4fベッドに行ってまった事があったので

今では素直にポンポンしてさしあげてます
(ん?!なにげに執事
ロッチ君に調教されてたりして・・・)

執事夜中のポンポン食いが
不思議でたまりません




あっ!不思議といえば〜
なんか今まで見た事ないもの
発見してまったです
IMG_9360bbb.jpg
ん?!




IMG_9362bbbbb.jpg
えっ?!




IMG_9362up.jpg
こ、こ、これはいったい何ぞやっ?!






昨夜

またしても夜中に呼ばれたので
オチリポンポンしにロッチ部屋に入っていきました

したら
ケージ1fに姿がみえません

あれ?空耳やったんやろかいなあ・・・って
上の4fの方をみあげると
IMG_9367b.jpg




寒さがぶり返したので
あったかくしてあげよ~と思い

執事でデロンギの目盛りをちょこっと
いつもよか高めに設定してあげといたんです



でもそれが災いして
ちょこっと暑くて寝苦しかったんでしょうね〜

ゴメンゴメン言いながらいつもの温度に
下げて部屋をあとにしたら

その晩はそれ以上夜鳴きしませんでした


暑いと肉玉冷やすんだ~!
あはは



DSC_5698B.jpg

うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

ポテりんさまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

あれ、よく調べたら
ロッチの脇無駄毛でした!

あれほど身だしなみに気をつけるよ〜に
躾けといたにょに
最近寒さにかまけて
お手入れをサボってたらしいです。

今夜は19時前に本寝してしまったのですが
今日もお腹をスイスイさせてくれて、

横になりながらのびのび〜!って
やりだしたので

前から夢だった
腹毛のソヨソヨ撫でにチャレンジ!

四往復やらせてくれましま。

手がとっても気持ちよかったでつ!

夜鳴きで、おちりぽんぽんのロッチくん、なんて可愛らしいんでしょう。
きっと、将来はうちと同じで、居るときは、ポンポンしてあげないと食べなくなりますよー!常時おさわりナデナデもきっとこれからどんどん好きになっていくタイプですね!りんは9つですが、病院関係以外はかなり穏やかで、デレ男になっています。ロッチくん、まだまだ好奇心いっぱいで、遊ぶことや慣れなくて怖いことが多いかもですが、甘えん坊さんはおっきく開花すると思いますです。今年もこれから楽しみですね!
あのハミ毛玉ってシッポっポ?

そして、ロッチくんは賢いっ。ちゃあんと、暑いよーって知らせるんだものねっ。執事さんもすぐに察してさすがです。

今日、おっかない音お化け、無事に終了したでしょうか。ロッチくん、さぞおっかなかったですよね。今夜、夢に出ませんように。執事さんも休日なのにハラハラしましたね、お疲れさまでした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。