FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

ムーンウオークってかっ!




DSC_1111b.jpg




にゃんこさんは

フォルムや表情がどこをとっても
可愛らしい いきものだと
思うよ~になってはや約3年

それまでは
小桜インコや
トイプードルが好きな執事でございますた




ロッチ君とが
はじめてのニャンコ生活

最初の1年半くらいは
(いや、2年くらいかなあ?)

とにかく無事に大きくなってもらう事への
注力だけでいっぱいいっぱい

お恥ずかしい話しですが

とても細かい所まで
愛でる余裕がござりませんでした
今になって思うと




ロッチ君をお迎えして
2年2ヶ月が経ち

いまだ有事の際には
オロオロしてばっかの執事では
ござりますが

なんか前よかロッチ君を
観察?見学?観賞?する余裕が

ほんの少しだけ出てきたよな気が
いたします




アクビのお顔も
DSC_0738b.jpg




もらったお年玉のお札数えてるお顔も
DSC_0752b.jpg




何かをガン見のお顔も
DSC_11f22b.jpg




み~んな好きなんですが

その中の一つに
お顔ではないのですが
こんなんもあります
DSC_092f0b.jpg




なんでこんなポーズするのか
わかりませんが

なんか新しいステップ開発したぞ!みたいに
自慢げなロッチ君です

どや!
オラが開発ちた
ムーンウオークステップにゃ

DSC_0923b.jpg




それ、と〜っくのむっかしに
流行ましたから~




うっ





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト



コメント

mikan-tii さまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

え〜!!!
喉、ならすんですか!!!

それは知らんやったです
またひとつ博学になりますた。

最近よく動画で
鈴ちゃん族のを見るんですが

ネムネムになったときに
鼻の上とかをナデナデしてあげると

きもちよさそ〜にしてたりしますね〜!

年月重ねて
お互い信頼が深まって

それまで見せてくれなかった色んな側面が
見れるよ〜になっていくのでしょ〜ねえ。

楽しみですねっ!

ポテりん さまへ

パパさん
りんちゃんからクッション
奪還できましたでしょか・・・

腰痛はつらいですよねえ

腰痛の原因にもよりますが
ヘルニアや狭窄系からくる腰痛の場合は

普通に座ると骨盤が開く感じになって
より痛むので

押し広げられないよな座り方をしたほうが
いいとのことでした

えっと〜わかりやすく言うと〜

固い木の椅子に座ってみると
なんとな〜く骨盤が左右に押し広げられる
感じがしますが

例えばハンモックとか宙に浮かせた
布とかに座ってみると
骨盤が左右からキュッと押しすぼめられる感じの
座り方になり

これだと痛みが緩和されるんだそです〜


あっ!いらんこと書いてまいますた。

いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

私のばやい
単なる心配性なだけであります〜

でも今思うと
手乗り小桜インコのほ〜が

ロッチよりナデナデも抱っこもさせてくれてたよ〜な・・・


P.S.
むーんをーくって
なんのことでしょうか・・・

よくわかりましゃえ〜ん。

うっ

Anne ママ さまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございます。

香箱っぽい時は内側に
これでもかっちゅ〜くらい
クネって折り曲げるのに

反対側にもけっこう曲がる!

ほんとお猫さんの関節って
どこまで曲がるの〜ん!って感じであります。

まだまだこれからも
色んな事がおきちゃったりして

てんぱっちゃうのでしょ〜が
ロッチとの関係をだんだん
ゆったりと味わえるよ〜に

自身も成長していかねば!っておも〜とります。


今後とも良きアドバイスをばっ!

鈴ちゃんが最近甘えるときに、喉を鳴らすことを覚えました。
ネコちゃんに似ているかも!
あとは、指にじゃれついて離れないとか。

そんな感じです。

ロッチ君も大きくなって、安定してきたんじゃないですか?
初めは、ちょっとしたことでも心配になったり。
今は、少し余裕が出てきて互いに良い距離感を保っているのではないでしょうか?

私も鈴と出会ったばかりの頃、一人あたふたしてました。
心配になるとネットで検索してみたり…。
一緒の生活になれるまでは毎日バタバタしてました。


昨日はママさんへのコメント読んで、りんと二人でぐっときちゃってましたにゃ。
執事さん、小桜インコとお暮しになってたのもあって、ロッチくんに細やかな気遣いをされてるのでしょう。小鳥ってさぞ繊細な生き物で、それを手乗りして可愛がってらしたとのこと、そんな執事さんだから、ロッチくんの怖がりさんも気付けて、ロッチくんの今の安心した暮らしが出来てるのでしょうね。きっと猫神様が、それぞれ一番合ったとこに送られてるにょかとも思ってるこの頃です。あ、他のワンちゃんも小鳥もリスちゃん族もですね!

ママさんもおっしゃってますが、執事さんだからこその新しい目線がいつも素晴らしくて、勉強になっております。
あ、でも、ムーンウォーク、知ってらっしゃいましたか!執事さんの推定20代後半(最近ちと怪しい)でしたが、ロッチくんと、昔のビデオ、こっそり見てたんじゃ。


おお?
マイコーロッチくんでしゅか?
面白いねぇ。その姿勢は楽なのかな?
テオが必ず片手をあげておすわりしているのと同じ感じなのかな。
なんとなく、それが心地よいのかな。
鑑賞する側からは、ちょっと無理してませんかー?って感じなのにね。うふふ。

いやいや、執事さんご謙遜を!
しっかりと最初っから細やかなご配慮がありまくり!でしたよ。
もちろん、必死のパッチやから気づいていないだけで。
私から見たら、最初っからすごいなぁと尊敬することばかりでした。それは今も変わりません。
目線が違えば、感じることも違う。
そこをこのようにブログを通じて、皆と教えあうっていうか語り合うっていうか、そんなことができて幸せだなって思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。