FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

国のかあさん




IMG_3637b.jpg




ロッチ君
昨朝もリビングへ出してもらうなり

あったか窓近で
囚人ゴッコを執事に要求してきました




なんかさ~ロッチ君さ~
なにげに虐待風だで
執事いやなんだけどさ~このお遊戯
IMG_36v51b.jpg




「オラ無実でチュ!」
IMG_3648b.jpg
ほら始めちゃったよ・・・




出してくだせ~
濡れ衣にゃ~!

IMG_3694b.jpg




「ここの取り調べは
カツ丼でてこんにょか?!」

IMG_3692bb.jpg




ハイハイわかりました
わかりました

IMG_3705b.jpg




それを食べたらちゃんと
白状するんだぞ

国の母さんが
泣いてるぞ!

IMG_3707b.jpg




「ハイハイ」
ハイは一回!




ふ~食った食った
デカ役の人は も〜あっちいっていいにゃ!!

IMG_3697b.jpg




みたいな・・・





うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト



コメント

ポテりん さまへ

昨日お薬もらえなくって
来週までは足りるってかいてありましたから
一安心です。

でも来週もお休みって〜ことは
ないですよねえ?!



いつもコメントくださいまして
ありがとうございますです。

かまぼこホコラや野外音楽堂は
おっかなくってなかなか入れなかった
超ビビリなのに

なんで鉄格子だけは
みずから入りたがるのやら・・・

遠い昔のご先祖様に
ロシアの牢ナヌシとかがおったのでしょうか。


これ、ロッチから食卓の食べ物をガードするために
こさえた物なのに

中に入りたがってばっかじゃ〜
用をなしませぬ〜

次回は板でガード箱をこさえないと
いかんのかも〜!うっ

Anne ママ さまへ

いつもコメントくださいまして
ありがとうございます。

ほんと、なんで鉄格子が好きなのか
不思議でたまりません。

この時も周りをウロウロしまくってたので
片側ちょっとだけ持ち上げて
下に隙間をつくってあげたら

ヒーヒー言いながら
匍匐前進で中に入っていきました

上の観音扉をあけてあげても
まったく外にでよ〜ともせず
カツ丼ほおばりだす始末・・・

神経ふといのんかほっそいのんか
まったくわからん輩でありまする。うっ

あはは!執事さんもロッチくんも囚人ごっこ、すごく楽しんでますね!

執事さんたら、お約束ののカツどんまで差し入れちゃって。お国のかあちゃん、ロシアからくんだべか。
動画も囚われロッチくんみたいに上手な角度で撮られてて、笑っちゃいました!ロッチくん、ほんとにくつろいでますねぇ。自分のお部屋が出来たと思ってるのかもー。
執事さんが置くとこがちょうと日当たり半分の良い場所に置いてあげてて、微笑ましいです。こんなに気に入ってたらもう解体無理ですよねぇ。

ロッチくん、安定のくつろぎっぷりだねぇ。
そこは、そんなに素敵な場所なのかい?
丸見えなんだけどねぇ。隠れてる感があるのかなぁ。プププ。

カツ丼まで要求して。
国のお母ちゃん、今頃慌ててこっち向かってるべ。

広いお部屋の中の、この一角。
ここは俺様のパーソナルスペースだ!って思っているのかなぁ。

なんか知らんけど、ロッチくんが嬉しかったらおばちゃんも嬉しいわ。

めっちゃ意地悪なことを思いついたんだけど。
今はとっても日当たりの良い場所においてもらってるから、余計にステキ度もアップしてると思うけど。
めっちゃ日当たり良い日に、全然日の当たらない場所に監獄を設置したら、ロッチくんはどっちを選ぶんだろう?
日当たり良好の真っ向な人生か。それとも日の当たらない、裏世界を選ぶのか。どっち?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。