FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

オラのはメロンパン




IMG_4002b.jpg
  



ロッチ君
先だってのお体カイカイ
かきむしり事件いこう

まだ時々お背中ピックンします
だで まだワクチン行けていません




あと一回のキャリーバッグ旅行で
年内行事を全てを終わらせてあげたいので

実は週末連れてこ思ってたんですが

またワクチン先延ばしにされたら
かわいそだったから

週明けまで様子見を延長してみることに
いたしますた




最近はお手手やあんよを
結構気にしだしまして

しきりになめなめします
前までだって

爪をかじったりはしてましたが
今ほど頻繁ではありませんでした

なんなんでしょか・・・
カイカイしたあとに
爪のすきまに垢でもたまるのでしょか・・・

どか来週までには
ピックン収まっていますよ~に!




P.S.おまけ

うっとこおビンボで
クリームパンこ〜てもらえにゃいから
オラのんは メロンパンなんでしゅ〜

うっ





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト



早起きはサムサム




IMG_385c4b.jpg




執事

一昨日・昨日と
いつもよかちょこし早めに
おでかけせなあかん事が続いてしまいますた

いつもなら9時半くらいに
「オラ起きましたけど~!」って

ロッチ君が自室で雄叫びあげるまで
リビングで待機しとるのですが

7時前には起きてもらわんと
いかんよってに

いつもよりかわざと
ガチャガチャと食器の音とかをたてて
自身の準備をしておりました




こちらの思惑通りロッチ君てば
「にゃにやってんの~朝はよから〜!」って
第一声あげてくれます

絵に描いたよな単純なお子です




ここですぐ部屋に入っていくと
くっちゃい棒を
まだ出してくれていませんので

執事ロッチ君の
ぬるま湯飲料水を作りながら

リビングから
「ロッチ~!おトイレ!おトイレ〜!!」
「うん◯~!う◯ち~!!」って

応援歌を歌ってさしあげます




1、2分歌ってから
耳をすましてると
激しくペレットをかきまくる音が・・・

それが合図で
おもむろにぬるま湯かかえて
ロッチ部屋に入る法則となっておるとです




当然まずは空気抜き

ハイ、ロッチ部屋は
ガス充満モードです

北の小窓をあけはなって
みごとなうんp臭を外に放ちます




へてから
ロッチ君のお手手・あんよ・水戸様を
拭きまくってからリビングへ解放
IMG_3735b.jpg




IMG_3741b.jpg




にゃんといつも10時すぎにしか
リビングへ出してもらえないので
お日様がバンバンに差し込んでいるのですが
IMG_3765b.jpg




7時過ぎだとまったくもって
ヒンヤリしたフローリングでござります
(おビンボなので床暖なっしんぐ)
IMG_3749b.jpg




お日様あたらないのが
まるで執事が悪いかのよなお顔されてまいました
IMG_3756bb.jpg




なんとか少しでも暖かいとこがないか
リビング中うろつきだしましたが
IMG_3789b.jpg




なかなか良い場所がありません
IMG_3744bb.jpg




ならば我が家で唯一
暖房いれている自分の部屋に戻れば
いいものを
IMG_3810b.jpg




やっぱりリビングのほが
ベランダとかが見えるから
好きみたいです
IMG_3821b.jpg




しかしこの二日間
朝一にロッチ部屋に入っていった瞬間

「あったか~いロッチんへやっ!
い~な~!」って

思わず口走ってしまう自分がいました

膝乗りニャンコ改造大作戦も
楽ではありませぬ・・・



へ~くしょん
うっ




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ





 | HOME | 

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。