FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

今回は2ヶ月半もちました




IMG_8772b.jpg




はい。

執事今朝ロッチ部屋で
流血事件にまきこまれますた

二ヶ月半ぶりの惨事でござります




きょは所用で
9時前には出発せなあかん
ロッチ君お留守番の日

いつもより早くおきて
(つ~ても6時チョイ前くらいですけど)
ゴソゴソカチャカチャと
生活音をたてておりますたところ

デカ耳怪獣にキャッチされてもたらしく

通常よか2時間半早めで
「オラ起きてましゅけど~!」の
第一声が・・・

うっ
忙しい時にやっかいなん
起こしてもたわいな

今、こっちも超ハード!
もっかい寝てくんないかなあって
音をなるたけ立てぬよ〜
ドタバタやっとったのですが

願いも虚しく「起きてましゅよ!
オラもうとっくに起きてましゅよ!!
起きてましゅってばっ!!!ガルル〜」

だんだんと音量が大になっていくばかりです




こ~なったらしかたありません
家事の手をとめ
お水をくんでロッチ部屋のドアを
あけることにいたしますた

毎朝恒例となっている
ケージから出る時の
手足水戸様拭きを

いつものよに
ロッチ君を左腕でしめあげ抱きかかえ

右手のテッシュで手際良く
拭き進めていたところ

最後の水戸様の段階で
いつになくロッチ君の無駄な抵抗が
炸裂!




なんとか腕からぬけでよ~と
必死のパッチでもがくのですが

もう1年以上やってきた
執事の経験値の前にはかなうわけもなく
抜け出すことができません




そしたら
あと少しで拭き終わるって~時に
飛んだ飛んだ!

ロッチ君の
ビュンビュンにとんがった爪先が
執事の左アゴあたりに

ぐさっ!

一瞬であっ!これは流血事件だなって
わかっちゃう刺すよな痛さ

過去におでこに2穴くろ〜た時と
おんなじ音がいたしました

「プスッ」

でもひっかかれたのではなくって
刺さったって感じの痛みですので
傷は浅いぞしっかりしろ執事〜っ




取り敢えず全てを無事拭き終えたので
機嫌損ねて伏せているロッチ君の目の前に
IMG_8667b.jpg




どうせ食べないだろうとはおもいつつ
おべっかカリカリのお皿を献上つかまつりますた
IMG_8671b.jpg




オラこんなもんじゃ騙されない・・・
IMG_8673b.jpg




って、食べるんか〜いっ!
怒ってるんとちゃうんか〜いっ!
あっ!いかんいかん ご飯の時はちゃんと座んなきゃ




夜、湯船につかって
みぞおちあたりに僅かな痛みが

あわてて鏡をみてみると
おう!こんなとこにもひっかき傷が・・・

これはとびだそ~としたときの
あんよの爪だな
ならば仕方あるまい
わざとじゃ〜ない

あれ?
左肘もお湯にしみるなあ




アゴ・みぞおち・左肘の計3ヶ所に
流血鉄拳流れ弾をうけちゃったので

2ヶ月半振りに
いつもの美容室に爪切り予約を
入れてまいますたが
ロッチ君はそんな事しるよしもござりません

前回は2ヶ月で流血大惨事
今回はよくもって2ヶ月半でござります

2ヶ月の時点で数本尖ってはいましたが
未だ先っちょが
まるまってるほうが多かったので

流れ弾にはならずさらに
15日経過して
御用とあいなりますた




一回費用は324イェン(税込み)
それで2ヶ月半もつんだから
すっごいコスパ良すぎかもしれません

まだまだみなさんちみたく
爪がきれないヘタレでござります

体調不良で中断してる
ライオンさんエリザベスカラー

いつになったらそれで
爪切りができるよになれることやら・・・




勇気振り絞りまくって 切ってみりゅ?
IMG_8718b.jpg
ほれっ




うっ



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。