FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

かっち〜んっ!




DSC_6021b.jpg


さっき

長のお留守番がんばったから
おやつ(カリカリ)持って
ロッチ部屋に入ると

お手!をしまくるので
何回も何回も
可愛いお手手握りしめた。




オヤツ食べ終わったら
口よりも先に
握られた手を清掃された!うっ





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト



うっとこって 変?




DSC_4699b.jpg




夜になって気温がグット
さがってきちゃったので

昨夜ついにロッチ部屋で
オイルヒーターおんにいたしますた。

ACと迷ったのですが
夜中に喉や鼻が乾燥したら
かわいそ〜なので
デロンギ選択でありまする。

人間部屋は
まだ暖房無しで耐えまする!

しかし、このまま
どんどん寒くなってくのでしょか・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



それぞれのご家庭で
色々諸条件がことなりますから、

ニャンコさんの飼い方も
10人10色だとはわかっております。




わかってはおりますが〜
もしかしたら
うっとこって・・・変?!

やっちゃいかんこと
やっちゃってる?

みたく思っちゃうことも

ニャンコはじめての
我が家には多々ありまする。




まず、
寝る部屋は人とは別。

夜はケージに軟禁でねてもらいます。

翌朝ちゃんとうんpがしてあれば
その日の昼間と夕方の仮眠は
ケージオープンのロッチ部屋軟禁で
すごしてもらいます。

(うんP踏んづけた足で
そこら中汚した事が
数回あったので仕方なく)



朝は大体7時半から9時の間に
ロッチ部屋から
「おっき~のでまちたけど~!
くちゃいんでちゅけど~!」って
朝の第一声が聴こえてきます。

手足&おチリ拭いてあげて、
トイレ掃除して、
朝カリカリあげて、

リビングにだっこして連れてって
しばし歓談。





大体1時間半から2時間でねむくなるので、
ロッチ部屋に誘導して
お昼御飯前のお昼寝タイムです。
DSC_2632B.jpg





13時前後に
「なんか、オラお腹すきましたけど~!」って
午後の第一声がきこえてまいりますので、

お昼のカリカリあげたら
またリビングにて
綱引きやジャラシ遊ぶびまくります。
DSC_4564b.jpg




これも2時間くらいで
ネムネムになっちゃうらしく、
15時くらいにまたもや
ロッチ部屋で夕寝。
IMG_5737b.jpg





19時前後に
「おきましたけど~!
晩ご飯いつでも食べれまちゅけど〜!」って
鳴き出すので

夜カリカリあげてリビングにて
やや激しめの
かくれんぼ鬼ごっこ大会!

20時半から21時にねむくなるので
グリニーズでだましながら
モフモフ吸い吸いさせてもらい、
DSC_5672b.jpg




歯磨きしてケージベッドへ軟禁。
そっこう
意識モウロウで白目。




ざっとこげな一日なんです。

起きてるっちゅ~か
一緒に活動してる時間って

朝1.5+昼1.5+夜2=5h

日に5~6時間あるかないかなんです。

あとは
別部屋でお眠り軟禁。
まぁ、部屋で
寝てばかりではないのでしょ~が。

ふつう猫って日に18時間とかって
ねるんじゃろ~か?!




ネコ飼いとして
日に5.6時間しか
一緒に居ないって、

変なんじゃろ~か?!
IMG_0768(3).jpg




ど〜せ寝てるだけなのなら
執事は自由に
ドア開けたり包丁や火を使ったり
したいと思い

眠くなったら
ロッチ部屋軟禁で過ごしてもらう
生活パターンが完全に定着
してまったとです。





変かもしれんが
アリかなあ・・・
わ、わからん。

うっ



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。