FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

恥ずかしがり屋な猫?




DSC_8001bb.jpg




執事最近、
ハタと気付いたことが
ござります。

もしかしたら
自分勝手な妄想なのかも
しれないのですけれど・・・




ロッチ君って
ゴロゴロ言う声が
と〜ってもちっちゃいんです。

DSC_1189b.jpg




執事といたしましては
生まれて初めてのニャンコなので

じゃあゴロゴロの平均音量って
どれくらいよっ?!って詰め寄られれば
こたえよ〜がないのですが、

皆様のブログや動画を色々
拝見させていただいての
判断基準ではございますけど

あきらかにロッチ君のは
ちっちゃいとおもわれますのです。

DSC_8757b.jpg




静かな部屋で
顔を近くにもっていかねば
聞こえないくらいなんです。


最初の頃それに気付かないで
「この子はまったくゴロゴロ言わん子やなあ・・・」って
おも〜とりました。

でも、ちゃんと嬉しい時は
言ってたんですよ〜、蚊の無くような声で。




ロッチ君てば
抱っこもナデナデも
膝乗りも好きではありません。

加えてニャンコなら
大概は喜ぶとされている

アゴの下や耳のうしろや
頭とかセルフグルーミングが
できない場所を

いくらサワサワしてみても
まったく喜んでくれません。




唯一
シッポの付け根の上あたりだけは
軽くポンポンしてあげると
きもちよさそ~に
オチリたっかいたっかいをいたします。

フミフミも
チューチューも
ほとんどやってるとこを
見たことがありません。




でも小さなゴロゴロ音は
ちゃんと発している!

それで気がついたのですが、
もしかしてこの子は
非常にシャイな子で

自分の感情を表現するのが
とっても控えめなのではなかろ~か?!
ってことでした。

DSC_1203b.jpg




今日まで
色々な本やネットで得た
ニャンコ初体験な執事は

極一般論的な猫の生態が
すりこまれてしまっていて

「猫=そんな生き物」みたいな既成概念が
固まってしまいすぎてるのかも・・・って

最近考え始めだしました。




人にだって色々ありますよね、

プレゼン得意な人もいれば
人前で発言するのが苦手な人もいる。

喜怒哀楽はっきりしてる人もいれば
怒ってんのか喜んでんのか
解りにくい人もいる。




猫にだって
ガンガン甘えていける子もいれば
それがへたっぴな子だって
いるのかもしれない・・・

ならば
ロッチ君がちっちゃな声で言った
ゴロゴロは
けっして嬉しさが
ちょこっとだけなんじゃ~なくって

おっきな声でゴロゴロ言うニャンコちゃんの
気持ちとおんなじくらい嬉しくって

ただ単に音がちっちゃいだけで
感情はまけないくらい
大きいのかもしれない・・・




ロッチ君が
ちょこっとだけ足の上に
のっかってくる時の気持ちは

だれにも負けないくらい
甘えん坊気分なのかもしれない。

ただ、表現が控えめなだけで
おおげさに態度でしめすのが
苦手な子なだけなのかもしれない・・・




そんな風に感じはじめてきた
今日この頃の 執事なのでござります。

DSC_9363b.jpg




だとするなら
ちょっとした仕草を
×10倍いや、×100倍に
解釈してあげれば
執事の欲求不満も
もしかしたら消え去るのかもしれません。


ロッチ君の『嬉しい!』は
見た目はちょこっとなんだけど
それが一般的なニャンコちゃんの
「もっげ嬉しいわあ!」と同等なんだって

こっちが汲み取ってあげれば
いいだけなのかもしれないなあ・・・って


お気楽執事は勝手に
思っちゃったりしてる訳でありまする。



でもなんかこれって、

甘えてこないことに対する
消極的自己納得策に
すぎないよ〜な気も

しなくはない・・・うっ




はたしてニャンコにも
恥ずかしがり屋さんって
おるのでしょうか・・・

DSC_4144b.jpg




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。