FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

明日は瓶缶ごみの日だから・・・



DSC_2914b.jpg



早食いすぎるロッチ君のために
以前作った

マーマレードジャム瓶の
自作カリカリマシーン2号。


明日は
瓶缶のごみの日だから

捨てる前に最後の一回
遊んでもらってみた。





ん?
久しぶりだったからか

なんか見てて楽しい!

廃棄するのちょこっと延期
しよまいか・・・


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ


スポンサーサイト



ついにオクラ やっちゃいました




IMG_5164bb.jpg




最近、お昼寝から
ロッチ部屋で目覚めたロッチ君が、

頻繁に何やら
ドッタン・バッタンやっとるのです。




ロッチ!何かやってたの?
DSC_5921bb.jpg
ブルブルブルっ!
オラなんもしとらんニャ





執事、
ちょっと嫌な予感がしたので
あるとき
ロッチ部屋にいっしょに閉じこもって

リビングへのドアを
ず〜っと開けてあげなかったんですね。

そしたら
しばらくドアノブを見上げてて
DSC_1397bb.jpg




やおら
じゃ〜んぷ!!!
DSC_3004bb.jpg




ロッチ部屋に解放して
お留守番をしてもらう時は
外からこげな細工を施しておったとです。
IMG_5372b.jpg




そ~言えば
前から執事が部屋のドアを
開ける時に

じ~っと手元の動きを
観察しておったとです。

あれって、おそらく
ドアノブの挙動と開閉の関係を
一生懸命研究してたんでしょうね・・・

あれを下にさげれば
リビングへ行けるだっ!みたく。




以前、ハンズで
ドアノブストッパーを
ゲットしたと書いたときに、
IMG_5375(b).jpg
ストッパー追加!


ドアノブを縦方向に
付け替えていらっしゃるお話を
或る方から
御聞かせいただいたのですが、

執事DIYに疎く
いいなぁ器用な人は・・・って
当時は
あきらめておったのです。




でも、最近の
ドッタン・バッタンの大きさや
頻度を考えると

ドアノブストッパーだけでは
もひかひたら
手薄かも・・・って感じまして、



この休日を利用して
一大決心してドアノブ構造調査を
開始いたしますた。




ノブは、
片側が六角レンチのネジ、
反対側が+ネジで固定されています。

たしか工具箱の中に
昔々使った六角レンチは有ったはず!

ガサゴソみつけだしてきて
止めてある六角ネジを緩めていきますた。


ん?!結構緩めたけど
何にも変化なし。

このままだとネジが外れてしまいそ~だったので、
怖くなって締め直し振り出しにもどりました。

執事、結構こんなことやってて
モノ壊しちゃうので・・・うっ。
DSC_4486bb.jpg
汗だくで なにちてるにゃ?
オラの手でよきゃ かそ〜かっ?!





だば、+ネジのほ~さ
緩めてみっか〜って、やってみたら

半分も緩めないうちに
ノブがすぽんってドアから抜けてくれますた。
IMG_536b5.jpg
最初、下を向けたのですが
あっちのノブが壁にひっかかって
開かない事が判明!




んでからして
天向き!
IMG_5364b.jpg


おお!そ〜ゆ〜ことなのね!
えがった〜
六角レンチのねじ外しちゃわないで・・・

我が家のドアノブ
ぜ〜んぶオクラ状態になりますた。

はい、昨日から全員天を向いとりまっ!

慣れないうちはなにかと
ふ・べ・ん・・・うっ





DSC_3360bb.jpg
やっと脱出作戦考えだしたのに
なにやってくれてるにょ〜!ウッキ〜!



ロッチ君
しばらくお怒りでござりますた。




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。