FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

ロッチを支えるトップ6


2017-2-健康b
今日も元気だボールがたのし!

ロッチ君が
我が家に来る前から

執事、けっこういろんな物を
買いそろえて準備まんたんに
していますた。

が、

今思うと
7割かた使っていないかも・・・

うぐっ。

気を取り直して
用意しといてよかったものを
数えてみたら

たったの6個。

日々使う物がほとんどでありますた。



1位…タニタのデジタル計量器
   カロリーでも表示されるので
   毎日カリカリ君で使ってまする。
1_たにた2



2位…におわん袋!
   これ、本当ににおわんです。
   毎朝ロッチ君のうんpで使います。
   とっても助かってます。
2_大量うんちぶくろ



3位…ラバーコーム
   ブリーダーさんにすすめられて
   毎朝ケージからでた時に
   抱っこしながらブラッシング!
   (この時だけはだっこでゴロゴロいってくれます)
3_ラバー




4位…消臭スプレー
   朝のロッチ部屋はうんpのかほりで
   ガス室モード。
   これは必需品でありまする。
4_スプレー




5位…温度計。
   こまめに室温チェックです。
5_温度計



   
6位…ヘルスメーター
   ロッチ君の成長具合や
   デブリン管理に活躍です。
6_体重計




いろんな品々にささえられて
ロッチ君は今日も元気元気!


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ


スポンサーサイト



添い寝実験9晩目の奇跡


「添い寝実験」 をはじめて
今宵で9晩目とあいなりますた。

最近、夜もノン暖房にしても
部屋がそんなに寒くならないので

ロッチ君が暖を求めて
毛布の中に入ってくるのを
まだかまだかと待ち構えている
執事にとっては

とっても不利な状況でありまする。

今宵もロッチ部屋の壁際で
毛布にくるまってじっと待機!

あれれ?ロッチ君
色々おしゃべりしながら
(ホンによ〜おしゃべりします)
部屋中をウロウロしたあと

みずからケージ4Fのベッドへ
入って行ってしまいましただ。

う~ん、今夜も空振りか~。

執事ちょこっと疲れていたので
ま、このままちょこっとだけ
お昼ね(ん?お夜ね?!)しちゃお~って

すこしだけ寝ちゃいました。

そろそろ起きなきゃ!って上半身
起き上がってみたら

おお!

ケージインしてた筈のロッチ君が
「お腹湾」にいるではありませぬか。

執事、うれしくって
そ~っと毛布を掛けて差し上げますた。

     ↓
2017-2-25-001b.jpg


その後の展開が
驚愕!

しばらくしてロッチ君が
水のみであっちに行ったので

執事、壁に背中をくっつけて
あぐら座りしたんです。

そしたら水のお皿の横に
ちょこんとすわって
なんかジッとこっちみてるんですよ。

執事招き猫みたく手の平で
おいでおいでしながら
「ロッチ!おいで!おいで!
ここあったかいよ~!」って

自分のあぐらの膝の上を
ぽんぽん叩いてたら

なんかゴニョゴニョいいながら
近寄って来て

あぐらの中に座って
伏せをしたんです。

膝に乗る事なんてほぼ無かったのに
なんかとってもくつろいでる姿勢で
ねそべってくれたんです。

執事、あぐらって実は不得意で
すぐしびれてきちゃうんですけど

今宵はがむばりますたよ!

も~ね、
これが最初で最後かもしれんので
ジンジンしびれる足を
我慢しまくりますた。

どしてもアイポンで写真
撮りたかったのですが
絶対にゴソゴソしたら逃げ出しちゃうから

目に焼き付けるだけで我慢しますた。

あ~、写真とりたかったなっ!


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



 | HOME | 

Calendar

« | 2017-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。