にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

うんP

じつは今日、
おぼっさまがなんか
元気なかったのです。

いつもの倍以上
悲しげな鳴き声で
執事になにかをしきりに
訴えてきます。

どちたの?ロッチ。

お腹すいたの?
風邪引いたの?
しんどいの?
お腹痛いの?

何を聞いても対応しても
その様子がかわらないのです。

執事まじ青くなって
よるまでに変化なくば

かかりつけのお医者様に
かけこむつもりでおりました。

ずっとようすをみていてわかったのが
どうもおトイレトラブルらしです。

ケージ・ロッチ部屋・リビングの
計3カ所に設置してあるおといれを

すべてきれいきれいにしてみました。

が、

ケージの中のおトイレに入って
木製ペレットを掘ってはうんpのかまえ、
掘ってはかまえってくりかえすのですが

まったく大がでてきません。

しまいにゃ〜
とびちったペレットにじゃれはじめるしまつ。

なんか悲しそ〜な鳴き声をあげて
なにかをうったえてきます。

でも執事わかりません・・・

もしかして便秘???

即、ネット検索で対応策を検討いたしました。

んでもって執事がじっこうした事

1)猫草1本さしあげる
2)むちゃくちゃ鬼ごっこのあいてをしてあげる
3)万歳させておなかのマッサージ
4)お水をできるだけさしあげる

しばらくして
またケージ内トイレにさそいこむと

おぼっさまがまたホリホリをはじめました。

一回。二回。三回。

三回目はかなり深くほってました。

きばってます!
おちりの筋肉がぷるぷるしとります!

う〜ん。こっちがおもわずりきんでまいました。

やっとこさ
たくさんのうんpがでてまいりまひた!!!

よかった〜。うんp出てくれて。

執事の心配をよそに
そのごおぼっさまは部屋中
走り回っておいででした。

よっぽどすっきりしたのかな?!

でもほんと〜によかった。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト

嬉しさと痛さで、涙、涙。

きのうあんな事
(第二回温泉旅行で世紀末の雄叫び)が
あったから

また関係修復するのに
すっごいじかんかかるの
かくごしております。

げんに昨夜はだっこしようとしたら
「いや~ん」って鳴かれてしも~たし・・・。

二週間ぐらいは
だっこさせてくれんだろ~なあって
執事らくたんしておりますた。

と、と、ところがなんと!

朝のカリカリ君が終わって
オモチャで遊びおわった頃、

なんかまとわりついてくるなあ・・・
っておもってカリカリ君追加しても
おぼっさまめもくれませぬ。

2016-11-14-003.jpg


なにをしてもらいたいのかが
まったく見当つかず
アイポンをいじってたら

なんと!ひざの上にのっかってきて
仮眠をはじめたではありませんか!!!

足のあいだのすきまの地面で
仮眠は経験ありでしたが

膝に乗っかってのは
執事、初めてでありました。

も~涙ちょちょぎれますた。

うれしいのと
あしがつったのを我慢する痛さで。

1秒でも長く
おぼっさまにそこにいてほしくって
無理なたいせいで30分近くこらえきり、

足、
つりました。うっ。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



うちで良かった?

ロッチ君を我が家におむかえしたのが
10月15日です。
今日でちょうど一ヶ月たちました。

このうちに来て良かったかな?

後悔してないかなあ?

悲しい思いをしていないかなあ?

暴れん坊大将軍のおあそびタイムが終わり、
うたたねするお顔をみて
フト、そんな事思ってしまった執事であります。

utatane.jpg


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ

 | HOME | 

Calendar

« | 2016-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。

FC2Ad