FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

初おふろ実行いたしましたっ!(内容的には1/2だけど)

もうけっこう寒くなってきてまったので
執事、おぼっさまの初オフロの実行を
ないしんかなり焦っておりました。

昨日までは天気がよかったのですが
わたしの体に余裕がなく

ほんじつ一日中ロッチおぼっさまの
ごきげんとりやる事にしてましたので

昨晩、姑息な執事は
ひそかにネムネムおぼっさまのゆびを
むにゅむにゅ押して

えいりな爪の再確認!

2本ほどチョッキンしておきましただ。

先輩ママのまねっこして
ここしばらく
お風呂場のたんけんを毎日させて

蛇口から水のみと
頭や体に少しだけ水をかけちゃって
おどろかないように訓練してきました。

が、

どうも音に弱いロッチ君は
シャワーはむりだなと思い、

湯船いっぱいにぬるま湯をためて
手桶でせなかにかける作戦を
くわだてますた。

先ずは
いつもみたいに
自分から蛇口ちかくに来ていただき、

そっと左手でロッチ君の両手をつかみ
右手てなるだけ音をたてないように
手桶↓で
ておけ2
ためておいたぬるま湯をそっとかけました。

血みどろの戦いになることを予測して
執事は長袖・長ズボン・靴下で重装備でつ!

おぼっさま、
えれ〜形相で暴れるは鳴くは・・・

こっちもひるんだら
二度とオフロが無理になると
腹くくってのぞんでいますので

なんども逃げ出されながら
なんども両手をおさえこみ

あったかいでしょ〜!
こわくないよ〜!って
(ふるえた)やさしげな声でいいながら

7、8回首からしたにおゆを
かけてあげましただ。

にゃおーにゃおー大きな声で
何度もおたけびになり、

バタバタケリケリモードではありましたが、
執事のちからで押さえ込めないほどでもなく

ましてや
逃げ出そうとはしているけど
けっしてこちらを攻撃はしてこない
暴れかたでしたので

左手にうっすらひっかき傷が一本
あるだけで(少し赤くなってるだけ)
実害はありませんでした。

とてもじゃないけど
よういして溶いておいたZOIC↓
shanpuuu.jpg
を使うよゆうなんか
みじんもなく、単なる水浴び(お湯浴び)に
おわってまいましたので、

ロッチおぼっさまの初おふろは
成功率1/2とあいなりますた。

おふろあがりも
ちいさな音の温風器↓
doraia.jpg
をこわがることもなく、乾燥終了。
(乾燥中はえらくおとなしかったです)

これで関係にヒビがはいったら困るとおもい、
なんどもなんどもなでなでしていたら

足のあいだに入ってきて
仮眠してくれましたので

多分次回(来週日曜予定)は
シャンプーをつかっての完結編を

おとどけできるよ〜な予感がする
甘い執事にてありまする。

取り敢えず、爪切り難関のつぎの
おふろハードル

無事のりこえられたよ〜な気になれて
肩の荷がきゅうにかるくなりますた!!!
ひゃっほ〜。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ






スポンサーサイト

三日分のつけで執事ヘロヘロでつ

この三日間、
おぼっさまには12時間/日もの
ケージ軟禁お留守番をさせてしまったので

今日は7時の御飯後から
ついさっきまで2時間半以上

真剣におあそびにつきあってあげました。

もう執事ヘロヘロでありますが、
おぼっさまもさすがに眠くなったらしく

みずからケージ4階にあるお気に入りベッドへ
飛び乗っていきました。

わたしのユメの一つに
「もう寝ようかロッチ。ベッド入って!」っていったら

「ニャンニャ〜ン」って言いながら
自分でベッドに入って行くおぼっさまに
成長していただきたく・・・

んなん、無理かっ!  


テヘ↓
2016-11sテへっ



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ



 | HOME | 

Calendar

« | 2016-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。

FC2Ad