FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

おさんどんロボ、初稼働

三段ケージの二階部分においた
おさんどんマシーン
     ↓

自動ごはん

本日はじめて通電

はじめて試運転をば
いたしました。


最終的には設定できましたが~、
説明書、も~すこしわかりやすく
作り直すべきでつ、メーカー様!

なんど間違ってさいしょから
やりなおした事やら!!!

おぼっさま用の設定は

1日三回、7時・13時・19時に
各3杯づつ(サイエ○スのキトン)
一杯だいたい6gだから3杯セットして
18g/1食といたしました。

1日54gになるから
424Kcal/100g×54g=229Kcal

今、おぼっさまは80日歳で1.1Kgなので
約206Kcalがだいたいの目安です。
(男の子だと小さいほうですかね?!)

ちょいとオーバーの23Kcalは
おやつをいっさいあげない主義なので

おやつがわりに間食として
手からあげています。

最近、少しだけ固そうなんだけど
サイ○ンス・キトンのくいつきが
すごくいいし、

ちゃんとかみくだいて
のみこめてるうえに、

おつうじも健康そのものなので
(場所以外)

チキン味でなくって
脳みそにいいらしキトン・マグロ味DHAほうふ~!に
きりかえていく考えですすめてきてまつ。

グレインフリーではないけど
動物性タンパク質主体で
化学保存料や着色料等不使用なので

某教科書に丸印がついていますた。

おさんどんロボ、音がわりとします。が、
ちょ〜ビビリのロッチおぼっさまでも

ちょいとびっくりはすれど
おおあばれすることもなく
順調なすべりだしでつ。


でもな〜・・・

シャンプーや爪切りなんて
はたしてわたしできるよ~に
なれるのでしょうか。

粗相すらなかなかうまくいかんのに
まったく自信なしであります。うっ。


ロッチ:「おやつ」ってなに?はじめて聞くことばなんだけど・・・
おやつって何



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ




スポンサーサイト



接待は効果てきめん!

執事:昨日は大変しつれい
   いたしました、おぼっ様。
   ほんじつのご機嫌は・・・


ロッチ:まあ、なに、そんなに
     たいした事ではなかったけどにゃ、
     あれっくらい。平気さ。



執:それはそれはさすがおぼっ様、
  おとこらしい!


ロ:そ、そ、そ~かにゃあ、
  それほどでもないとおもうにゃ~。


執:ではでは気を取り直して本日も
  リビングに再チャレンジです!
  いざまいられん。


ロ:お、おお。まっ、なんだにゃ。
  そこまで執事しゃんにいわれたら
  しかたないにゃ。

  でも、そのまえに少しせったいが
  あってもいいのかにゃ~。



執:それはそれは気がつきませんで。
  ではとっておきの品を
  御用意いたしましょう。

  さくや明日楽というのでとりよせて
  おぼっ様ご実家ごようたしのペレットが
  おくられてきた箱にてござります。

「ガサゴソ」

ロ:もう二度とあのような恐ろしげなまねは
  するでないぞ、執事しゃん
  つぎはうらんじゃうぞ!

     
      ↓

段ボール2016-10-20-4


執:(ぞぞっ)それはも~おぼっ様、
   二度とあのよ~なことが無いよう
   ここに誓いをたてまする。

ロ:お~、よきにはからえ。たのんだじょ執事しゃん!


接待の甲斐あって
本日おぼっさまがリビングタワーの
休憩所でウツラウツラしてくだはりましただ。
 
      ↓
2016-10-20-タワー003


やった!すこしだけご機嫌なおして
くれたみたいでつ。ほっ。

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村



ロシアンブルー ブログランキングへ

 | HOME | 

Calendar

« | 2016-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。