FC2ブログ

にゃんころりんりんロッシブー

2016-7月生まれ、ロシアンブルーのロッチ君の日常でございます。

リフォームまねっこ〜!

お家3

ロッチ君の幼稚園同級生小夏ちゃん
(可愛いらしい6日早生まれのおんなのこ)の
ママさんが

小夏ちゃんお迎え用のケージを
優しくリフォームなさっていたのに
いたく感激し、

わたくしもロッチ君の
三段ケージを少しだけ
をとこのこ風にリフォーム!

秘密基地っぽいのが
をとこのこはお好きかと思い

ゴチャゴチャっぽくなってまいましたが
上下階段を設置してみました〜!

・1階…おトイレ&段ボールバリョバリョ&木製バリョバリョ&水筒
・2階…自動おさんどんロボ
・3階…ひんやりシート
・3.5階…秋用ほかほかベッド(あんまり写っておりませんが)
お外には室温計を配備。

一階から二階・二階から三階へと
ワクワクドキドキの板梯子を
わたしてみました。

ロッチ君、じょうずにのぼれるかなあ・・・
スポンサーサイト



ダンボール部屋

月に二回、古紙回収の日があります。

今までは2ヶ月に一回くらい
ダンボールを捨てに行ってました。

しかしここ最近、
ロッチ君のポチり買い物が急増。

届くダンボールの箱数も
ハンパない状況の中、
ゴミ捨て回数は・・・ゼロ回。

我が家には5畳くらいの
サービスルームがあるのですが、
そこがダンボール部屋に
変化しつつあります。

何故に。

ニャンコさんは
ど〜やらダンボール箱が
大好物らしいとの事実を

皆様のブログにて知ってしまった故。

あっ、これは
ロッチちゃんが喜びそ〜!

とか

あっ、これとあれをきっつけたら
秘密基地っぽくなりそ〜!

とか、

こ〜なると
宅配便で次から次にやってくる
ダンボール様がお宝に見えてきて

ついに捨てられないオバケに
取り憑かれてしまいました。

そのうち
手作りダンボールバリョバリョ
爪研ぎも
作れちゃうかも〜!

ニャンコが来る前にこ〜てもた物 その53(だっぷん袋/大量)

大量うんちぶくろ

だいぶ前に
わんちゃんのイラストしか描いていない
同様の「臭わん袋」を
少量かいました。

こんどは
ちゃんとにゃんこさんのイラストが!

聞く所によりますと
にゃんこさんの「大」は
大変水にとけにくく

おトイレをつまらせてしまう人が
けっこういらっさるとか。

我が家のあたりでは
燃えるゴミの日は週二回。

ふつうのレジ袋とかでは
ズッシリたまったロッチ君のなには

けっこうなかほりになるやもしれませんので
大量買い足しさせていただきました。

ロッチ君、これで安心して
たいりょうにぶりっても
だいじょ〜ぶだからね!

よく食べて
よくだして
健康に育って行ってくださいませませ。

ためこむとお肌にわるいですからね!


お医者さん

ロッチちゃんがいらしたら
先ずは健康診断と
三ヶ月歳にうけるワクチンを
受けるための病院を
予約せな〜あかんと思い、

色々地元の病院を
何軒か探しました。

大抵の病院が
にゃんこ&わんこ病院。

中に
小動物なんでもごじゃれ!みたいな
オールマイティなとこも
ございました。

そんな中で、
にゃんこしか診ないって謳う

ねこさん専門医が
車で15分くらいのところに
みつかったので

色々評判を調べてみたら

辛口コメントはいっさいなく、
みなさん口をそろえて「名医」と
おっしゃっています。

幹線道路沿いにあるのですが、
出ている看板にはでかでかと

「ねこの病院」

とだけ書かれています。

私も密かにロッチちゃんの
かかりつけ医は
ここにしよ〜かなって
おも〜とる次第であります。

先日偵察に
病院の前をウロウロしてたら

ウィンドごしに
中にいた白黒のにゃんこさんと
目があってまいました。

とっても綺麗なにゃんこさんでした。

病院の飼い猫ちゃんなんでしょうか。

10月中旬にお世話になりま〜す!
評判通りの名医さんで
ありますよ〜に。

 | HOME | 

Calendar

« | 2016-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

nyankororingring

nyankororingring

ロシアンブルーの
ロッチ君に
出逢う前から
出逢った後々までを
親バカチャンリン
モードで
記して行きます。

にゃんこさんと
くらしたいけど
踏み切れないひと、
多いと思います。
私もそのひとり。

そんなかたの背中を
そっとおして
あげられれば
幸いです。